FC2ブログ

被災368日めの気仙沼

『3月11日からのヒカリ』を写真で振り返る。

サイズ変更IMG_3327

サイズ変更IMG_3331

サイズ変更IMG_3335

サイズ変更IMG_3342

サイズ変更IMG_3345

ぼくは一旦抜け出して、気仙沼市合同慰霊祭へ。

サイズ変更IMG_3350

生き残った我らにはすべきことはある。
それは今を一生懸命生きること。


急いで会場へ戻ると、ユースト中継が始まってた。

サイズ変更IMG_3351

すでにものすごいアクセス数!

サイズ変更IMG_3356

ギリギリまで調整打ち合わせをし、

サイズ変更IMG_3357

日が落ちてきた。

午後6時前。いよいよ、点灯式。

実は、事前に実行委員会として気仙沼市にあるお願い事をしていた。
4日前というギリギリでの申請だったので、結論は聞かされないでいた。

そう、それは、防災無線の6時のチャイム。

これを1日だけ、変更してほしい-と。


その時、奇跡が。


サイズ変更IMG_3363

「見上げてごらん夜の星よ」が流れてきた。


感動。

身震いした。

ぼくらの想いがこういう形になるなんて。
思わずグッときた。近くのスタッフと固い握手。

気仙沼市のご理解ご協力に心から感謝します!
そして関係者のみなさまありがとうございました。

そして点灯式へ。

サイズ変更IMG_3360

サイズ変更IMG_3362

代表の斉藤道有は静かに心に訴える、いい挨拶だった。
彼は最近はろくに寝ずに準備をしてきた。

誰にもそんなこと言ってないと思うけど、
あなたの頑張りを実行委員みんな知っていたよ。

サイズ変更IMG_3366

菅原気仙沼市長にもごあいさついただき、
本当にありがとうございました。

サイズ変更IMG_3368

シンガーソングライターの畠山美由紀さんには
「我が美しき故郷よ」の詩の朗読をしていただいた。

サイズ変更IMG_3372

岩手佳代子さんMCありがとう!

サイズ変更IMG_3373

3本のキャンドルが灯ると
気仙沼の内湾に光の柱が立った。

その光は強く優しく天国へ届くかのように。

サイズ変更_DSC3746

(撮影:初沢亜利さん)

正直、どのくらいの見えるのか心配だった。
こんなにも綺麗に見えるなんて。

サイズ変更IMG_3402

ぼくのコンパクトデジカメでも
露出を上げるときれいに撮影できた。

サイズ変更IMG_3460

午後11時を回り、
あと、1時間か、何事もなく消灯を迎えられそうだと思った時に、
急に感傷的になってしまった。

亡くなった同級生の顔が思い浮かんだ。
コヤマのあった魚市場前に行きたくなった。
自宅のあった幸町へ行きたくなった。

うちの猫2匹はどこかで光を見てるかな?

雪が降ってきた。

1年前も雪が降る中、空を見てたっけ。

ひとりでしばらく光を眺めていた。



答えは、ないけど、


やるしかない、


やるしかないって。




そろそろ午前0時。

サイズ変更IMG_3458

光が消える直前に、集まれるスタッフで集合写真。
ここに写ってない多くのスタッフがいたことを言っておきます。

遡れば3ヶ月ちょっと前、
実行委員会の第1回キックオフミーティングが行われた。

正直、相当大変だぞって思ってた。予算は200万。
すべてが手さぐり。少しずつ課題をクリアしていき、
スタッフも増えていった。

多くの企業、個人の皆様にご寄附いただき、
少しずつ、光が立つ準備が整ってきた。

そして、突貫工事で3月11日を迎えた。

特にアクシデントもなく、無事に点灯、消灯できた。

短い準備期間でここまで出来たのは
ご協力いただいた皆様のおかげ。

素晴らしい企画だったと思う。
参加させていただいて感謝してます。
道有、実行委員会のみんな、
本当におつかれさまでした。ありがとうごさいました。

よーし、ここからだ。
まだまだ、まだまだここから。

感謝行動継続。

おだづなよ!負けてたまるか 気仙沼!

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント

力強いヒカリです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析