FC2ブログ

被災126日めの気仙沼

昨日は気仙沼市震災復興市民委員会だった。

委員会の直前、市役所でとある同級生に会った。
彼とは久々だ。震災直後以来かな。

趣味でアームレスリングをやっている力自慢の彼。右も左も宮城大会で優勝したこともある。
でも、震災の影響でしばらく練習できないでいたそうだ。
最近になってアームレスリング協会からの支援で練習できる環境になったらしい。

そしたらね、来年の大会に向けて、これからがんばるよって。
普段は、なかなか面と向かってまじめに俺がんばるとか言わないやつだ。

理由はすぐにわかった。
彼の大会にはいつも応援しに行ってた仲のいい同級生がいた。
でも、その同級生は未だに見つかってない…。

○○○のためにも、俺は負けるわけにはいかない。来年の大会だけは誰にも譲れない。
口には出さなかったけど、絶対ぇやってやる!という闘志を感じた。
お互いちょっと目が潤んだ。

そうなんだよ、ね、僕らは譲れないんだよ、一生懸命に生きることをさ。
いなくなった同級生が、天国から見てるぞ。

よし、やるぞと気合を入れなおし会場へ。

サイズ変換_IMG_0838

サイズ変換_IMG_0839

2時から6時過ぎまで。
アイデアとして世界一の魚市場をプレゼンした。

僕の知識量的に資料その他、大分稚拙なものになっているけど、
この考え方は大筋で間違っていないと思ってる。

というのも、復興を考える上でのシンボルは必要だし、
市民が復興への気持ちを共有することが必要になってくる。
それが出来れば具体的にイメージ出来るもので、尚且つスケールが大きいこと、
ワクワク感があるものに、ひととものは集まってくると思う。

これからどの沿岸地域でも整備されていく魚市場との差別化もある。
支援の見える化作戦、ストーリー性のある復興へ。
ま、理想論で固めたものだけど、もし、興味のある方がいればご連絡ください。

さて、今日は気仙沼商工会議所の復興ビジョン協議会。
えっと、どんだけ会議してんのって話だけど…。

やることいっぱいだ!

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事

タグ : 気仙沼市震災復興市民委員会 世界一の魚市場

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析