FC2ブログ

被災25日めの気仙沼


土日で我が家の弟2人(次男貴史、三男晃宏)が東京から帰ってきてた。

金曜夜11時に貴史の車で東京を出発、仙台を経由して気仙沼には朝7時に到着した。

遅くまでの仕事の後、そのまま徹夜での強行軍だ。何も土曜の朝早く出て昼過ぎくらい到着でも良かったのにって言ったら

『少しでも早く気仙沼に帰りたかった。』

だって。震災後すぐにでも駆け付けたかったろうけと、こっちから家族は無事なので今は無理して来るなと言っていた。帰りたい気持ちを抑えつつ3週間が経ち、ずっとモヤモヤしながらこの日を待ってたんだろうと思った。

弟たちと3人でコヤマのあった場所へ。あまりに変わり果てた仲町に、もとあった場所もわからずただショックを受けていた。

周辺のがれきの山からうちのものを探す。少し掘ってみて、あ、このシール!これはうちのやつだ!これミキサーじゃない?思い出のものがひとつ出てくると、これは〇〇だ!お~スゲー!と、どんどん掘ってさらに探す、そして気付いた頃には4時間以上経過。軍手や長靴は泥だらけ、服は粉塵でほこりまみれになってた。弟たちがあまりにも真剣に探してたので、僕もつられて熱中した。軍手の下にはまめがつぶれてた。

自宅付近も捜索、晃宏が高校時代に使っていたドラムセットのドラムを捜し出した。貴文は大学の卒業証書を見つけ出せた。

帰り際、疲れた割にあんまり見つからなかったろう?と聞いたら

『そんなことより無事でいてくれて本当に良かった。』

って。がれきの山を夢中になって探したけど、どんな思い出の品よりも、家族が無事でいることが一番だと改めて思ったんだろう。

大丈夫!気仙沼は任せなさい!東京でしっかり稼いで親孝行してください。

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント

何度もすみません

コヤマさんは、キャラクターケ-キなど作られている、通りの角のお店ですよね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析