fc2ブログ

被災3019日めの気仙沼

防火管理者講習終了!

IMG_7610.jpg

正直2日間長かった!でも、防火管理の一通りは学べたし、個人的にはとても良かった。
講習終了後、お店に帰って、すぐに消防設備をチェックした。

IMG_7611.jpg

普段は目に止めない火災受信機も中を開けて説明書を読んだ。

IMG_7612.jpg

フタがすごく開けにくくて、本当の火事の時は絶対あたふたするはずだ。このテナントはそれぞれのお店の面積が小さくて、それぞれ外にすぐに出られるから避難に困ることはほとんどないと思うけど、火災報知器がなっても火元がどこか分からないと思う。火災受信機でどこが火元がわかる。いち早く連携すれば、初期消火も出来る可能性が高まる。いざという時にそれぞれが知識があれば安心感にもつながるね。

IMG_7613.jpg

消火器もチェック!2016年製。耐用年数8年。

消火器は実際使った人はなかなかいないかもしれない。
使い方もなんとなくわかった気がしてると思う。ぼくもそうだった。

習ってきたことを復習のつもりで書いてみると、、


火災が発生したら、初期消火が重要で、


消火器を火元の近くまで抱きかかえて持って行って、


火元から適正距離を保ちつつ、


避難方向を確認(場合によっては避難口を背に)


消火器を床に置いて、


黄色のピンを抜いて、


ノズルの噴出口の近くを持って、


噴出口を火元に向けて、


黒いレバーを握ると勢いよく消火剤がでる


消化剤を直接火元に当てるんだけど、ノズルをある程度揺らしながら波状にかける


屋外などで風がある場合は、風上から消化する


火がおさまったら、完全に消火するまでさらに水をかけて冷却する


という感じで教わった。

ほぼ合ってると思うけど、公式な使い方や部品名はネットで調べてください。

ちなみに消火器が噴射し続けられる時間はどのくらいでしょう?




正解は、、





この消火器で






約14秒!!
だいたい15秒くらいだそうだ。


なお、天井まで火が到達するくらいになったら、消火器じゃ手に負えない場合がほとんどだそうで、避難したほうがいいとのこと。

という感じで、ずいぶん頭の中に消防の知識が入ったよ。どこでも何かあった時に適切に対応出来るようにしておきたい。

さーて、6月も半分過ぎた!焦る気持ちを抑えつつ、一歩一歩!!

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析