FC2ブログ

被災2530日めの気仙沼

歳祝会、スマホの写真を一部紹介しながらふり返ろう。

午前中は気仙沼中学校での記念授業。気仙沼中学校の小野教頭先生には事前打ち合わせから、いろいろな面でたくさんお世話になり、おかげさまでスムーズかつ、雰囲気よく、最高の環境で記念授業を開催することが出来た。小野教頭先生ありがとうございました!

S__38715399.jpg

宮崎明雄先生
今回記念授業をするにあたって相談に乗って頂き、一番お世話になったんだよね。トップバッターとして、一瞬でみんなの緊張がなくなった。さすがは宮崎先生という楽しくてあったかい内容だった。ありがとうございました!

S__38715400.jpg

小野寺由美子先生
ここまで話して頂けるとは思わないご自身の人生経験を題材にした授業内容。もっとたくさんの同級生に聞いて欲しかった。ぼくら46回生はたくさんの学びをいただいた。ありがとうございました!

S__38715402.jpg

佐藤美代子先生
人生の考え方、健康の大切さ、そして生きている価値。ぼくらもこの年齢になるとより身近なこととして考えられる。教職を退いた現在は、整体師としてご活躍されています。ありがとうございました!

S__38715397.jpg

小野寺正一先生
気仙沼中学校で教育活動を受けた我々気中生は校歌にもあるように「平和を希求し 理想を求め うるわしく新しい社会を創ろうと実践する市民」。そう、気仙沼中学校は世の中の礎を担う人材を育てたいから、生徒を市民と呼び、卒業した我々が地域や日本の中心となって活躍しなければならないと発信してし続けてきた学校。まさに気中プライドだね。勇気と誇りをいただいた。気仙沼中学校の卒業生で良かったと心から思えた授業だった。ありがとうございました!

S__38715408.jpg

記念授業集合写真

S__38715396.jpg

厄祓式

S__38715395.jpg

記念酒への書き込み
60歳の歳祝会で飲む予定の記念酒
それぞれの想いを書き込む

S__38715407.jpg

他の地域の人には羨ましがられると思う。こういう風習がある気仙沼で生まれたことが幸せだ。そしてお世話係りとして実行委員も出来てこれ以上に名誉なことはない。だから個人的には、使命感を持ってやれることは精一杯やったつもりだ。震災で名簿が流され、ゼロからスタート。2年以上の歳月をかけて、学区の8割が被災した同級生の住所を集めた。夏の物故祭、震災で7名が帰らぬ人となった。同級生みんなで弔えたことも本当に良かったと思う。実行委員の仲間が一生懸命積み重ねてきた結果がめちゃくちゃ心地がよくて感動の空間を創ったんだと思う。

この歳祝会の開催は、ひとつの人生の目標であり、節目だった。また次の目標へ。同級生と人生を楽しいで行きたい。

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析