被災2311日めの気仙沼

昨日は朝から人間ドックだった。
懸念していた胃カメラは鼻からだったので、平気だった。
昨日のブログであんなに書いたのに。汗

血圧だけ90−60っていうのはやっぱり低いかな。
最近はずっとこんなもんだけど、別になんてことないみたい。

体が資本だから、ウオーキングと体幹トレーニングは継続してやっていこう。

さーて、今週日曜は観光案内かひとめぐりツアー。
申し込みが0名とかなり厳しい状況。。初めて中止も有り得る。

このツアーに対するニーズがなくなってきたのは少し感じている。
気仙沼のツアーとしては、どこにも負けないクオリティだと思ってるけど、
ニーズがある客層に情報が届いてないんだと思う。

なかなか難しいもんだねー。
少しずつやれる範囲でやっていくけど、これからが本当に勝負だ。

震災や被災地の気仙沼というものがきっぱりなくなって、
東北の小さな港町気仙沼本来のポテンシャルが試される時期になってきている。

松島や平泉のような、A級やB級の有名な観光コンテンツがない気仙沼に、
新幹線や電車を使ってわざわざ観光に来てもらうには、やはりトータルでの街の魅力だと思う。

歴史や文化、アクティビティに人のユニークさ、そして食だよね。
今は、せっかく来た人がどこに何があるのか、どうやっていくのか全然わからない不親切な状況。
明確な街の魅力をドーンと芯の通ったわかりやすいテーマで売り出して、定番モデルコースをどんどん作っていくしかない。

小さな観光コンテンツは点在しているけど、二次交通の利便性が悪いのでなかなかスムーズに移動できない。
結果として、満足度が低くなってしまう。

まずは、観光のスタート地を作る。
そして滞在時間ごとに、定番コースを作って、それに沿って、観光事業者は力を入れていけばいいと思う。
集中すれば、交通の便も良くなるし、観光客に優しい町になるもんね。

あ、観光を語るとどうしても長くなっちゃう。
詳細はまとめてまた今度!

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析