被災1925日めの気仙沼

一昨日はリアス観光創造プラットフォームの理事会と総会だった。

IMG_4282_20160615195827a86.jpg

議案は予算報告と事業報告、これからの活動について。

緊急雇用の助成金がなくなることでスタッフを雇えなくなり、
事務局は今年いっぱいで終了することになる。

それと、経済同友会の各企業から出向で市役所で働いている
イニシアティブのみなさんも来年3月まで。

はじめから時限付きの社団法人だったので特に混乱はないけど、
すべてはこれからという事業ばかりなので、
半年でどのように引き継いでいくかが大変だ。

引き継ぎ出来ることと出来ないことがあるのであれば、
ある程度捨てるところは捨てていくしかないと思う。

理由は観光振興は一朝一夕ではいかないから。
長い年月をかけて、実績と情熱で少しずつ人の考え方と行動を変えていく作業だもの。

ただプラットフォームという母体が無くなっても、ばばばプロジェクトは残していきたい。
ばプロメンバーは、楽しみながら真剣に観光を考え、自主的に行動に起こしている。
まさに理想的な観光プレイヤーばかりだ。

今は観光を事業としてやることが持続可能な唯一の道と考えられているけど、
ぼくはそうは思わない。
お金儲けだけが地域の人を観光に振り向かせるモチベーションになるとは考えない。

その街の人が、‟普段の生活の楽しみ”として地域で活動することが、
持続可能な観光振興だと思っている。
やっぱり、最後は、やってて楽しいかどうかだよ。
大丈夫、お金は必要ない。気楽会で実践しているじゃないの。

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析