被災1915日めの気仙沼

昨日はコヤマ菓子店定休日。
内湾のウオーターフロント施設の出店説明会に行ってきた。

IMG_4176.jpg

コヤマ菓子店が出店するしないの話ではなくて、
気仙沼の観光の拠点内湾地区がどのようになるのか興味があって。

それと、いつもお世話になっている先輩方が頑張っているので、
商売のほかに、何かお役に立てることがあれば、と。

ここ1、2年で内湾地区が一斉に整備される。
旧エースポートの跡地、南町の商店街、魚町の商店街、復興住宅など、
気仙沼の商業者のパワーが一気に集中するすごい地区になるはずだ。

老舗がズラリと並ぶ商店街が復活し、雰囲気の良い海が臨めるカフェやレストラン、
地域の特色を生かした生鮮品やそこでしか買えないお土産物、
港町風情が楽しめる屋台村もあり、夜景も整備されて歩くだけでも楽しめる。

さらには公的なコミュニティースペースもあり、四季を通じて様々なイベントを開催、
そこに人が集う仕掛けも考えられている。説明会のバーチャル映像を見る限り、
気仙沼に来たら一度は行ってみたい場所になるはずだ。

いいことばかり書いたけど、すこし不安要素も残る。
それは利用を期待する地区住民に関して。

震災から年月が経過してしまい住民がどのくらい戻ってくるか、
2年後に大島へ橋が架かりフェリーの利用者は望めない、
市役所が数年後に田中前に移転する予定で、
かつての内湾地区ほどの立地バリューは、もしかしたら望めないかもしれない。

それでも、携わっている人が気仙沼をリードしてきているひとが多いので、
ここに気仙沼の底力が見えるはず。気仙沼市民の想い入れも強い。
気仙沼の復興はある意味内湾にかかっていると思う。

気になる方は、お早めにお問い合わせを!

気仙沼地域開発株式会社(担当:千葉さん、神山さん)
気仙沼市八日町2-1-11(気仙沼商工会議所内)
0226-22-4600 k.chiikikaihatsu@gmai.com
まで。

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析