被災1817日めの気仙沼

3月12日(土)のイベントの告知。

-----

みなとのがっこうvol.4/STORY

「 作家・熊谷達也から見た気仙沼 第2章
~『ティーンズ・エッジ・ロックンロール』から『希望の海 仙河海叙景』 ~ 」

気仙沼中学校で教師を3年間勤められた経歴がある直木賞作家・熊谷達也さんの講座を下記のとおり開催します。

熊谷達也さんは、昔と今の気仙沼を知る稀有な現役作家で、震災後は、気仙沼をモデルにした「仙河海市」を舞台に、年代や登場人物が交錯した複数の物語を描かれています。

そんな熊谷達也さんの描く「仙河海(せんがうみ)」の物語は、気仙沼人の人柄や気質、気仙沼の風土、文化、風習を深く知り、感じることができる貴重な読み物になっています。

第2回目となる今回は、前回の後に刊行された、仙河海シリーズ『ティーンズ・エイジ・ロックンロール』(実業之日本社)『潮の音、空の青、海の詩』(NHK出版)そして来月6日に刊行予定の新刊『希望の海 仙河海叙景』(集英社)の3冊を中心に、小説の背景や裏話を交えながら、熊谷達也さんの気仙沼を存分にお話しいただきます。

仙河海シリーズの4冊を読まれた方はご存知と思いますが、シリーズでは、それぞれの登場人物や時代背景が、作品ごとに交錯し、絡み合っています。

熊谷さんのお話しによれば、仙河海シリーズ5冊目となる新刊『希望の海 仙河海叙景』で、これまで刊行された4冊のパズルが嵌まり、全体像がみえてくるとのこと。

今回は、作家としてのこの5年を振り返りながら、仙河海シリーズに込めた想いを語っていただきます。

直木賞作家が、気仙沼を舞台にした自作について語る、非常に貴重な機会です。
書籍をすでに読まれた方はもちろん、まだ読まれていない方も、この機会をお見逃しなく、ぜひご参加ください。
(当日は数量限定でサイン本の販売もいたします!)

12799185_1016576555072324_1660451105981953075_n.jpg

<開催概要>
■日 時:平成28年3月12日(土)
■開場:18:00 開催:18:30〜20:00
※受付は18:20分までにお願いします
※18:00から熊谷達也さんの新刊『希望の海 仙河海叙景』のサイン本を数量限定で販売いたします。

■場 所:アンカーコーヒーマザーポート店/気仙沼市館山1-127-1
■参加費:1000円/人
■定 員:25名(先着順)
■講 師:熊谷達也(作家)

(1)趣旨説明(5分)
(2)講師紹介(5分)
(3)熊谷達也さんによる講座(60分)
(4)質疑応答・フリートーク(20分)

■懇親会:20:00から引き続き開催
(一人4千円程度。)

====================================
<参加申し込み>
minatonogakko@gmail.com

以下内容明記のうえ、
みなとのがっこう事務局までお申込みください。

1.氏名
2.メールアドレス
3.懇親会参加の有無

-----

イベントに参加できなくても
仙河海シリーズはぜひ読んでいただきたいです。

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析