被災1767日めの気仙沼

昨日は3月11日からのヒカリのキックオフミーティングに参加した。

IMG_2884.jpg

今年も3月11日に3本のヒカリの柱を気仙沼の内湾に立てることになった。

震災から5年という節目に、どのような想いでイベントに携わるか。
実行委員それぞれの想いはある。
基本コンセプトは変わらない。鎮魂、感謝、希望。

ぼくは、3月11日にヒカリの柱を立てるこのイベントに参加することで、
お世話になった人たちに感謝の気持ちを伝えたいと思っている。
おかげさまで5年目の震災の日も過ごせています、と。

それと個人的な一番のモチベーションは、
代表を務めている道有の想いを自分なりにうまく伝えたいということ。
やっぱり仲間が一生懸命行動していることは応援したいよね。

ヒカリの柱を立てることは、大きな費用が掛かる。
予算の確保は、このイベントを続けるうえで大切なこと。
その多くは、市民ではなく、市外から共感してもらった人たちの寄付。
とてもありがたく、そのおかげで、4回目を迎えている。

できれば気仙沼のひとも自分事として、
このイベントに携わってもらえる方法を探したいね。

3月11日まであと2か月だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析