被災1671日めの気仙沼

商売をしているということは、いろいろな人にお世話になりながら続けていける。
お客様はもちろん、スタッフ、業者さん、そして地域のみなさま。

小さいながらも130年続いているというのは、それを強く感じる出来事が多い。
昨日も、心から感謝するありがたい出来事があった。

実は焼菓子の大量注文が入っていて、お菓子を保存する冷凍庫がいっぱいになってしまった。
どうしようと困り果てて、父の同級生のふかひれ屋さんに電話したら、預かってくれるとのこと。
本当にありがたい。

天国のコヤマパパが力を貸してくれたんだね。
福寿水産さん本当にありがとうございます!!!

そんでもって、本日、小山裕隆、38歳になりましたー。

今日も1日頑張りますp(^^)q
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析