FC2ブログ

被災2942日めの気仙沼

昨日は経営人材育成塾の電話メンタリングだった。あと2週間で中間発表だ。メンターさんもすごく親身になって一生懸命考えてくれるから、期待に応えれらえるように頑張りたい!

昨晩は11時半に寝て、何かのタイミングで1時ごろ目覚めて、それからずっと寝られずに考えてた。

ふと、何か人生で後悔している事あるかなぁと考えたときに、ひとつだけ浮かんできた。

それは中学校のバスケ部でのこと。2年の冬にレイアップシュートを矯正した事。レイアップシュートはゴールに向かってドリブルをして、ボールの下を持ちってシュートする一般的なシュート。スラムダンクの桜木花道が置いてくると表現したシュートだね。

ぼくは、レイアップの代わりにプッシュシュートでやってた。プッシュシュートはぼくの考えたオリジナルなシュートで、レイアップの逆で、片手て小さく押してシュートする感覚。外す事はほとんなくしかもどんな角度からも決める自信があった。どんな進入角度でもどんな進入スピードでも決めれる自信があった。

でも、ドリブルでゴールを狙うなら、レイアップシュートの方が普通だとレイアップシュートに変えさせられた。“みんながやっているから”、“それが当たり前で普通だから”という理屈で。結果として、ぼくは外しまくった。レイアップシュートに自信がなく、なんだかバスケ全てがダメになった感覚だ。

あのまま、自己流シュートを貫いてやっていたら、きっともっと上手くなったし、楽しかったはず。。ってね。

でもその後悔があったから、今の自分がいるのかもしれない。

もう後悔しないように、人と同じ事はしなくて良い、他人の常識に惑わされるな、と自分の中に流儀を作ったから。

そうそう、野球のアッパースイングも大好きだった。飛ぶし、気持ちが良いし、スムーズにバットが出てくる。でも、アッパースイングはダメとか、ボールの上から叩けとか、少年野球も無理に型に落とし込んで、個性を消していく指導法だったでしょう?今見てよ、柳田とか、一流で成績残しているのは全てアッパースイングだもの。やっぱり、個性が大事。その人らしさが一番大事。自分が信じた道を行った方が人生楽しくなる。

maxresdefault.jpg

他人が言う“普通はこういうもの”という常識を疑って、自分の道を自分で作る。自分ルールで人生楽しもう!

今日も1日頑張りますp(^^)q
  1. 無料アクセス解析