FC2ブログ

被災2929日めの気仙沼

昨日は新魚市場の落成式に出席してきた。

IMG_5310.jpg

IMG_5319_20190317124342751.jpg

IMG_5325_20190317124344a62.jpg

IMG_5330_20190317124345f97.jpg

IMG_5334_20190317124347390.jpg

IMG_5335_201903171243485b7.jpg

IMG_5337_20190317124350d3b.jpg

IMG_5340 2

IMG_5346.jpg

IMG_5349_201903171243561ec.jpg

IMG_5353_2019031712435739d.jpg

IMG_5358_20190317124359b31.jpg

IMG_5364.jpg

IMG_5367.jpg

IMG_5368.jpg

IMG_5370.jpg

とにかくめちゃくちゃ広い!立派すぎてちょっぴり心配になるくらい。将来的にはHACCP等高度衛生管理に対応できる魚市場として「気仙沼ブランド」が定着すると良いね。

魚市場は“気仙沼の心臓”で新鮮な魚を全国、世界に届ける中核施設。基幹産業の水産と観光の融合を目指す気仙沼にとっては、観光の側面からはいろいろな課題も見えてくるかも知れない。お金の出所も理由で補助金の関係上、あくまで水産施設で観光の要素はほとんど持っていない。

ぼくは震災直後の震災復興市民委員会、観光戦略会議でもず〜〜〜っと言ってきた事だけど、魚市場こそが気仙沼の観光の中核にならないといけない。そこからの導線で各地の観光コンテンツや、食事処、お土産売り場に誘客できるように。あの活気ある魚市場を見れば、気仙沼がどういうところなのか一発で体感できるし、最高のコンテンツなのだから。

震災復興市民委員会の時は「世界一の魚市場プロジェクト」として魚市場担当委員だった。どの分野で世界一かは検討課題だとしても、世界に誇れる港町の心臓として、市民と観光客に溢れる最高の観光コンテンツとして整備すべき!として提言してきた。

理想は高いけど、実績も人脈もなく、根回しも出来ない、お金もない、、無力極まりない34歳のぼくは、一生懸命想いを伝えただけで、今の新魚市場に何か一つでも、観光の側面で提言したきたものは反映してもらえなかった。当時はなんの意味があったのか、結局ガス抜きに使われただけだったかと落ち込んだ。

でも、過去は過去、出来上がってから市民の力で、いや、みんなの地域愛の力で、もっと多くの人に喜んでもらえる魚市場にしていけば良い。想いがあれば良い、情熱こそが人を動かしていくと、ぼくは生涯その一点で勝負して行きたい。

あと、今回の落成式は市内外から錚々たる顔ぶればかり、どこを見ても気仙沼の名だたる重鎮だけ。おおよそ場違いと思われるその中でぼくの席があったのは、どなたかが口添えしてくれたからかもしれない。こういう環境で生活できているというのは、本当に有り難いし幸せだと思う。この地域に貢献するためになお一層、励まねばならない。

今日も1日頑張りますp(^^)q
  1. 無料アクセス解析