被災2062日めの気仙沼

昨日は気仙沼青年会議所主催のキッズワークタウン。

IMG_0386.jpg

小学生5人がコヤマ菓子店に職場体験に来た。
2時間ほどだったけど、いろいろお話できたし、
オリジナルクッキーも綺麗に焼けた。

こういう企画はずっと続けて欲しい。
地域の仕事はどのようなものがあるのか。どういう思いでやっているのか、
それを知れるきっかけって大切だと思う。

来年もぜひ協力したい。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2061日めの気仙沼

昨日は久々に同級生のしんちゃんとずんつぁんと飲み会。
やっぱりいいもんだねー。
お互いまだまだ若いつもりだ。笑

さーて、日曜日。

朝から元気良くコヤマ菓子店へ。今日は小学生の職場体験だ。
気仙沼青年会議所主催のキッズワークタウンでお菓子屋さんを担当する。
気仙沼版キッザニアみたいな感じ。

ぼくはJC所属してないけど、そんなの関係ない。
地域の同世代の仲間たちがやっていることは、積極的に協力したい。

というわけでオリジナルのクッキー作りだ。
最近休みはないけど、大丈夫!体調は絶好調!
子供たちと夢を語りながら真剣に向き合う時間が楽しみだ。

地域の子供達は、地域の宝物。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2060日めの気仙沼

昨日は気楽会の定例会。

IMG_6497.jpg

11月は楽しむ気楽会で。
あ、いつも楽しんでるか。笑

友人のボートでロックフィッシュ釣りや、映画を観る会をやろうと。
まちづくり的なやつは、気楽会以外でいろいろやる予定で。
興味のある人は是非連絡ください。

明日日曜は青年会議所のキッズワークタウン。
小学生相手にお菓子教室だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2059日めの気仙沼

おとといもなかくっきー新製品を発売したばかりだけど、正月に向けての新作の試作を開始。
時間があれば、どんどん作っていくよー。

もちろん、そんなに簡単に美味しいものは出来ない。
いくら試作してもダメなもんはダメ。失敗は結構凹むし、
コストも時間もメンタルも消費するけど、5年先、10年先につながる試作だ。

IMG_6485.jpg

大本命のはまぐりもなかくっきー○○味。

サクサクのメレンゲクッキーなのに、○○の味は相当難しいし、世の中にないと思う。
すでに10数回失敗。この試作の先に何があるのかはわからない。

○○味のターゲットだけは決まってる、ズバリ、外国人。
日持ちもするし、日本を代表するこの新味を日本のお土産物として買っていってほしい。
いずれ、必ず、そういう場でこのもなかくっきーを売る。

地域を代表するお菓子を作ることがぼくのお菓子屋としての使命だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2058日めの気仙沼

ほんの少し白米を減らして、夜にウォーキングする。
ここ2週間で1キロ減だ。

実は今月あたまにここ10年で過去最高体重になってて。汗
焦って久しぶりに減量してるわけ。

昨日は神山から魚市場、エースポート、南町、本町、田中前と一周してきた。
早足で約1時間、いい運動になってるね。

IMG_6484.jpg

昨日は夜風が気持ちよかった。
これはサンマ船。スマホだからこれが限界かな。

もう少し続けてあと1キロ。
筋トレとウォーキングと、簡単な食事制限と朝晩のストレッチ。
苦にならないから続けられる。

これがコヤマ式減量法だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2057日めの気仙沼

仲間たちとやっているばばばプロジェクトで、今週日曜にイベントを開催!
http://ba-pro.jp

-------

14731229_1782703675335366_1144169718123332734_n.jpg

今年第4弾になる「ば!ば!ば!の場」開催のお知らせです。昨年も開催した「屋号」をテーマにした講座の第2弾。

「みなとまち屋号散歩」
~僕らの街のルーツに触れる~

お店のもう一つの名前『屋号』のことをご存知ですか?
昨年9月の「ば!ば!ば!フェスティバル」のいち講座として開催された「GO!屋号!!」において、私たちはまち歩きをしながら実際にお店を訪れて話を聞き、屋号に込められた創業者の想いやお店の歴史について学ぶことが出来ました。しかし、昨年お邪魔したお店は気仙沼のほんの一部!この町にはまだまださまざまな歴史を持つ店舗が沢山ある!ということで、今年も『屋号めぐり』を開催することにしました。今回は"かつて「内湾」"と呼ばれていた三日町・新町付近を歩きます。私たちと一緒に市内を巡り、気仙沼の歴史を学びましょう!!!講座の最後にはMy屋号を作る企画もあります。

日時:10月30日(日)13:00~16:30
会場:気仙沼市役所ワン・テン庁舎2階和室
募集人数:12人
参加費:500円
その他:荒天の場合は中止になります。
参加方法:メール、または電話にてお申し込み下さい。
MAIL:info@rias-kanko.com
TEL :0226-22-4560(気仙沼観光コンベンション協会)

-------

去年のプログラムでも人気だったのでオススメ!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2056日めの気仙沼

試作を繰り返してきたもなかくっきー秋味。

どんだけ失敗してきたのか数えられないけど、
ようやく昨日、美味しいのが出来た。
秋が終わる前に、発売できそうだ。

良かったー。

IMG_6408.jpg

香ばしく焼きあがって満足。
今週中に発売しよう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2055日めの気仙沼

おかげさまで市場で朝めし。無事終了!

IMG_0284.jpg

気仙沼魚市場にたくさんのお客様が来場した。
出展ブースもどこも繁盛していたみたいで本当に良かった。
天気にも恵まれて、最高のイベントになったね。

写真もたくさん撮ったけど、とりあえず全然疲れが抜けないのでまた後で。

朝早くから準備した実行委員、ボランティアスタッフ、販売ブースのみなさま、本当に本当におつかれさまでした!

さーて、月曜日!
栄養剤飲んで気合い入れるぞー。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2054日めの気仙沼

今日は朝4時起きだ。

真っ暗な中、これから魚市場へ!
毎年だけど、この時期の朝はめっちゃ冷えるね。

MG_7136.jpg

今シーズン初のヒートテック装着で乗り切ろう。

「第4回 市場で朝めし。」

開催日:2016年10月23日(日)
朝飯提供時間:8:00〜12:00
会 場:気仙沼市魚市場
主 催:市場で朝めし。実行委員会
内 容:年に一度、魚市場でとびきりの朝めしをみんなで食べませんか?炭火焼した旬のさんまは香ばしく焼き上がり、炊きたてのご飯と一緒に召し上がってください。地域伝統のさんまのつみれ汁付きますよ。

なお、気仙沼産業祭りも同時開催で地域の特産品も購入できます。この1日は、魚市場が賑やかに笑顔が溢れる特別な空間になります。多くの人のご来場をお待ちしております!

○市場で朝めしセット
炭火焼きさんま、さんまのすり身汁、白飯
セット価格 700円

○その他
・旬のお刺身、飲み物、お酒、オリジナルグッツ(別料金)
・第32回気仙沼産業まつり同時開催
・YEG七輪広場同時開催

お問い合わせ先:気仙沼観光コンベンション協会 0226−22−4560

ちなみにコヤマ菓子店は出店しません。すいません!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2053日めの気仙沼

昨日は気楽会の定例会。

明日の市場で朝めしの確認と、年内は来月に釣り大会とパラグライダー企画なんかいいなと。
ひとめぐりツアーの代わりに、自分たちで楽しめるアクティビティを開発しようと。
ちょっと肩の力を抜いて楽しむことも大切だね。

それにしても、風邪気味の人が多い。
ぼくも月曜から喉の調子がおかしくて、リンパが腫れ気味。
咳も熱もないんだけどね。

明日は市場で朝めし。だ。
朝5時集合!
とにかく体調回復させないと!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2052日めの気仙沼

上田中からリアスアーク、気仙沼西高校を更に登った先に、新しい街があった。

IMG_6327_20161020171159e9b.jpg

IMG_6328_20161020171201f42.jpg

IMG_6329.jpg

驚愕の別世界。200棟以上あるそうで。いやぁ、ここまで大規模に開拓されているとはすごいね。

写真じゃ全然伝わらないと思うので、気仙沼の方、ぜひ行ってびっくりしてください。これはマジすごいって、絶対驚くから。

ちなみに、ぼくは予備知識無しに、何となく山の上は一体どうなってるんだろう?道は続いているのかな?くらいで気仙沼の変電所方面からあがって行った。まさか家が建ってるなんて思わなかったから尚更びっくりした。

コンパクトシティを目指していたけど、皮肉にもどんどん広がっていく。これが10年20年経ってどうなるのか。住人が車に乗れなくなった時は、大変だと思う。

ちなみに、何年、5年か、これだけ土地を探してても一つとして、コヤマ菓子店を再建できる土地が見つからない。南気仙沼の区画整理した広大な土地には住民1割しか戻ってこない。残り9割は他の場所で再建したか、気仙沼を離れたか。ほとんどの土地所有者はとりあえず様子見。理由は、この先どうなるかわからないから、誰も売らないし、貸さない。

まぁ、このご時世なのでなんとも言えないけどね。ぼくは何としてもお店を再建したいので歯がゆくて仕方ない。

こうなったら自分で探して探して探すしかない。必ず見つけ出すよ。むしろ、すぐ見るかるよりもとことん探していい土地見つける方が、ストーリー性があっていいじゃないの。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2051日めの気仙沼

昨日は市場で朝めし実行委員会の最終打ち合わせ。

IMG_0004.jpg

今週日曜開催だけあって、皆さんのモチベーションが高い高い。
会議でこういう雰囲気の時のイベントは間違いなく成功する。
運営側の意識が高いのは、参加者にとって一番重要な要素だね。

実行委員会とボランティアスタッフあわせて220人以上だもの。
同時開催の産業まつりや、YEG七輪広場もあわせれば、
みなとまつりに次ぐ気仙沼最大級のお祭りだ。

ぼくは朝めし副実行委員長で、ステージ周り担当。
ステージで何かやりたい人がいた、連絡くださいませ。
あとお手伝いもまだまだ募集してます。

なお、市場で朝めしチケットはまだまだコヤマ菓子店で販売中です。
みんなで魚市場に行こう!待ってるぜ〜。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2050日めの気仙沼

今週日曜(23日)はいよいよ第4回市場で朝めし。

MG_7204.jpg

香ばしく焼きあがる秋刀魚に、炊きたて新米ご飯、伝統のすり身汁!
気仙沼自慢の朝めしをぜひ魚市場で食べましょう。

MG_7136.jpg

⭐️市場で朝めしセット
炭火焼きさんま、さんまのすり身汁、白飯
600円(当日券700円)
販売時間 8:00〜12:00

お得な前売りチケットもまだまだ間に合います。

前売り券販売所
明海荘、アンカーコーヒー(マザーポート店、バル田中前店)、いさみや、御誂京染たかはし、大鍋屋、おさかな市場、唐桑御殿つなかん、倉元、気仙沼コンベンション協会(駅前観光案内所、海の市2階)、気仙沼商工会議所、気仙沼プラザホテル、気仙沼のほぼ日、K-port、コヤマ菓子店、斉吉商店、さかなの駅、サンマリン気仙沼ホテル観洋、三陸新報社、J’sミウラ、武山米店、根口商店、畠良薬局、長谷川海苔店、復興屋台村気仙沼横丁(こばらぼ)、マルト齋藤茶舗、南町紫市場商店街(揚げたてコロッケ屋)、めん八珍、横田屋本店

お問い合わせは観光コンベンション協会(0226−22−4560)まで。
気仙沼魚市場で笑顔でお待ちしております!

コヤマにも朝めしチケットあるので、
お菓子と一緒に買いに来てください♪

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2049日めの気仙沼

昨日は、ばばばプロジェクトの会議。

IMG_6343.jpg

次回のイベントは10月30日(日)!
ーー
GO²屋号(ゴーゴーやごう)
~かつての内湾、風の道を歩こう!!~

皆さん、お店のもう一つの名前、『屋号』のことをご存知ですか?昨年9月の「ば!ば!ば!フェスティバル」のいち講座として開催された「GO!屋号!!」において、私たちはまち歩きをしながら実際に店を訪れて話を聞き、屋号に込められた創業者の想いやお店の歴史について学ぶことが出来ました。しかしながら、昨年お邪魔したお店は気仙沼のほんの一部!この町にはまだまださまざまな歴史を持つ店舗が沢山ある!!この講座を一度きりで終わらせるのはもったいない!!!そんなスタッフの強い想いが昨年の講座終了時からずっとありました。ということで今年も『屋号めぐり』を開催することにしちゃいました!!!。前回は内湾近辺を巡りましたが今回は"かつて「内湾」"と呼ばれていた三日町・新町付近を歩きます。私たちと一緒に市内を巡り、気仙沼の歴史を学びましょう!!!講座の最後にはMy屋号を作る企画もありますよ。

日時:10月30日(日)13:00~16:30
会場:気仙沼市役所ワン・テン庁舎2階和室
募集人数:12人
参加費:500円
その他:荒天の場合は中止になります。その際は当日9時に連絡致します。

参加方法:メール、または電話にてお申し込み下さい。
MAIL:info@rias-kanko.com
TEL :0226-22-4560(気仙沼観光コンベンション協会)
ーー

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2048日めの気仙沼

昨日は経営未来塾5期生の卒塾式。

IMG_6320.jpg

すごい刺激もらっちゃった。
卒塾生の話も良かったけど、お世話になったメンターの皆さんの顔を見たら、
このままではいけない!と。

たまらず途中退席して、コヤマ菓子店の新しい土地を探しに行ってきた。
いろいろ想像しながら、2時間ほど。
無い、無い、無い、でも、発見もあり。

とにかく動く事。

焦らない
慌てない
当てにしない
甘ったれない
諦めない

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2047日めの気仙沼

さーて日曜日、コヤマ菓子店定休日。

そして今日は経営未来塾5期生の卒塾式だ。
塾生が半年間学んだことを事業構想という形で市民の前で発表する。
5期も多くの友人知人が参加しているので、しっかり見てきたいと思う。

ちなみにぼくは3期。ぼくは未来塾に対しては後悔ばかりが残るけど、
学んだことは忘れていない。しっかり今から生かしていくつもりだ。

そうそう、

namaiki_top_mainvisual2.jpg

突撃!ナマイキTVで先週の気楽会の観光案内課の様子が放送されるよ。
10月17日(月)9:55〜11:05 東日本放送
https://www.khb-tv.co.jp/s009/

ぼくは録画機器が無いので、見られないけどね。
かっこよく写っていることを祈ります。笑

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2046日めの気仙沼

美味しい秋でましたー。

kabo.jpg

かぼちゃのまるごとプリン。
リポータしか買わないスペシャルスイーツ。
限定なので、ぜひ予約を!

今年のはしっかり蒸してるので、
全部食べられるくらい柔らかいよ。

さーて、土曜!
おかげさまでバースデーケーキの注文がたくさん入ってる。

来週は市場で朝めし。だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2045日めの気仙沼

朝は6度だって!
秋っていうよりかは、普通に冬だね。

昨日の昼に、プラザホテルにケーキを配達して、

IMG_9986-(1).jpg

帰り際に思わずカメラを手に戻って撮った。

気仙沼の内湾が秋の空になっている!
高くて青くて、ひんやり澄んでいるのは目にも肌でもわかる。

ちなみに、Facebookにあげたら、見る人によってはサンマ雲だそうで。
確かに!サンマに見えてきた。

季節は確実に進んでる。
焦るこ心を鎮めて、今日も何かしら積み重ねよう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2044日めの気仙沼

昨日のもなかくっきー試作品はかなりイケてた。
でも、残念、1日経ったら、、、ダメだった〜〜〜!!

う〜焼き上がった時は、すんごいの出来ちゃったと浮かれたんだけど。
上に乗せて焼いたスイートポテトの水分で湿気っぽくなってしまった。
そんなに簡単に美味しいお菓子は出来ないね。

まだまだ試作するぞ。
食べたい人はコヤマ菓子店までどうぞ!

毎年好評のコヤマ菓子店秋スイーツが揃ってきた。
焼きたてのアップルパイや、かぼちゃを丸ごと1個使ったかぼちゃプリン。

IMG_6202.jpg

ここが過ぎると、一気にクリスマスへ!
クリスマスまで2ヶ月ちょっとだ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2043日めの気仙沼

秋は果物がとっても美味しい時期。
例年お菓子はそれほど売れない。

寒くなってきて、お客さんの動きは良くなってきた。
ここはやっぱり美味しい新製品で出迎えたい。

IMG_6285.jpg

試作試作のもなかくっきー。
昨日はスイートポテト味。

さっそく試食。。

あれ?

何だこれ、

めちゃくちゃ美味いっ!!!!

あとは、日数が経っても商品として大丈夫かどうかだね。
これはすごいの出来た。笑

試食試食で結構カロリーオーバー。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2042日めの気仙沼

うおおおおおおおお!

宿敵読売に勝ったぞ!!!
ネット見て嬉しくて吠えた!!!

昨晩はスポーツニュースを見れるだけ見た。

IMG_6264.jpg

IMG_6270.jpg

IMG_6276.jpg

横浜ベイスターズ絶対優勝!!!
日本一まであと7勝だ!!!

もうね、絶対日本シリーズ観に行くから!!!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2041日めの気仙沼

第32回気楽会の観光案内課ひとめぐりツアー無事修了!
いやーハードな2日間だったね。

IMG_6252.jpg

IMG_6253.jpg

IMG_6254.jpg

雨も上がり、秋の味覚を食べ、港町の歴史を知る、
歩くことで見えてくる気仙沼の今があったね。
日々刻々と変化する復興状況と、人の感情の変化。
これからの気仙沼への期待、ユーモラスな人との出会い。

参加者の皆さんにも好評で、道中の雰囲気も良くすごく良かった。
ご協力いただいた気仙沼の皆様、本当にありがとうございましたー。

ちなみに今回のツアーはテレビ取材が入ってたの。
10月17日の東日本放送ナマイキテレビで放送予定。
県内の方で見られる環境の方はぜひチェックしてください。

今シーズンの町歩きはこれにて一旦終了。
冬の充電期間を経て次回は2017年春!

これまたまだまだ続くんですよ。
もっと気仙沼を楽しんでもらえるように!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2040日めの気仙沼

昨日は気楽会10周年記念飲み会。いやはや、素敵なゲストがたくさん来てくれて、10周年にふさわしい記憶に残る宴になったね。本当に楽しかった。やっぱり気楽会はひとの縁でできていると実感したよ。

もうね、皆さんたくさん写真撮っただろうけど、多分どれも全然使えないから。笑

IMG_6251_20161010172248519.jpg

IMG_6258.jpg

IMG_6259.jpg

IMG_6260.jpg

IMG_6257.jpg

IMG_6256.jpg

IMG_6250.jpg

10年を振り返ると、それはそれはいろいろなことをやってきた。特に印象的なのは、今から8年前の南気仙沼駅での観光案内所の運営だね。とりあえず名前がイケてる「こちら!気楽会 勝手に観光案内課」だもん。

冷静に振り返っても、すごいことをやってたと思う。だって、仙台からの下列車3本しかないのに、朝9時から夕方3時まで立ち続けてたんだから。効率で考えたら絶対やらないね。笑

南駅の1日の乗降客はそれほど多くはないけど、観光客は多い時で10数組、少ない時は2、3組。でも、そこは数じゃない、「ようこそ!気仙沼へ!」と元気よく一人一人に声を掛けた。「どこからいらっしゃったんですか?まずはお茶でもいかがですか?」と夏は冷たい麦茶、冬は暖かいお茶、時期になればサンマを焼いて振舞ったり、汁物や、気仙沼ホルモンも焼いたっけ。

気仙沼の観光に対する知識も経験もそれほど多くはなかったけど、とにかく気持ちだけでおもてなしをした。やっているぼくが感心するくらい、みんな一生懸命だった。

理由はただ一つ、気仙沼に観光に訪れた人に、気仙沼を楽しんでもらいたかった。帰り際に気仙沼いいところだね、また来るよ、って郷土を褒めてくれるその一言が最高に嬉しかった。その他気仙沼のまちに対していろいろな感想ももらったりね。

当時は観光というのは、一部の観光事業者さんだけのものと思われていた。今のように観光は重要視されていなかったし、まちづくり団体といえばYEGとJCくらい。もちろん観光の会議も、グループもなく、あっても一般の人は参加することはなかったと思う。そう考えると震災後は本当に色々な団体が生まれたね。SNSもなかったから、ぼくらの活動もなかなか理解されてなかったかもしれない。

そんな中、ぼくらの観光案内所のコンセプトは、観光意識の醸成。そう、今まさに気仙沼市が取り組んでいる課題だね。

例えば、温泉で有名な観光地に行くとする。駅を降りて少し歩くと、そこには心地よい空間がある。温泉饅頭が売ってて、おまんじゅう美味しいから食べてって〜と声をかけられたり、お土産物を売っている人が、ようこそ!ゆっくりしてってね〜って笑顔をくれたりね。

でも、温泉があるから、観光地なんじゃない。そこに住む人、そこで商売をする人が自分たちは観光で生きていると思って、訪問者に歓迎の心で接しているから心地良いのだ。

気仙沼はどうだろう、観光地と思っている人はごく僅か、というか誰もいなかった。だからそこ、自分たち若い奴らが率先して観光客に対しておもてなしの心で声をかけることがいいと思った。

ぼくらは、日当や昼食代はもちろん、足代も出ない中、立ち続けた。それでもボランティアでやっている感覚は一切なく、楽しいからやっていた。自分たちがやっていることに、自分たちしか出来ない特別な意義があると思って、モチベーションを高めてきた。

観光事業者でもない、単なる市民有志が、ひたむきに観光案内をしている。それをきっかけに街の人一人一人が少しずつ観光に対して何か思ってもらえればいいと。

南気仙沼駅は大きなホテルや魚市場に一番近い駅。観光客は、仙台から2時間、東京からは5時間かけてやってくる。長く電車に揺られ、ようやく気仙沼に着いてね、さー気仙沼を楽しむぞって来るわけ。

そこで、地域の若い人が積極的に観光客に声をかけて、気仙沼観光のスタートを気持ちよく切ってもらうだけで、かなり違うはずと思った。

気仙沼は四季折々の海の幸、風光明媚なリアス式海岸、海も山もいいところばかりだけど、本当にオススメしたいのは港町ならではの人情だ。独特のひとの魅力、ユニークさを感じて欲しかった。

遠洋漁業の基地として栄え、港町ならではのおもてなしの心が根底にはある。いってらっしゃいとおかえりなさいが得意な地域だ。さらに食も景観も観光地としての素材はある。ちょっとした意識の変化で、すごい観光地に化けると思っていた。

さっきも書いたけど9時から3時まで南駅には、下り列車が3本のみ。待ち時間が多かったので、まちづくりに対するたくさんのアイデアがどんどん出てきた。それいいね!それ面白そう!ですぐに実践してきた。

南駅近辺の商店にお願いをして回って、観光客用にお得な割引クーポンを作って設置したり、当時あまり利用されていなかったレンタサイクル専用の観光マップを作って、おすすめルートを開拓した。そこでは商港岸壁でのレンタル釣竿も釣具屋さんに置いてもらい、釣った魚を無料で調理してもらうお店も確保した。

南駅を一番利用している女子高生にも観光に対する意識を高めてもらおうと、一緒に観光案内することを学校に提案しに行った。ぼくらがいない時間にも、女子高生が勝手に観光案内してもらえればこんなに素敵なことはない。学年もクラスもバラバラな8名の有志が集まった。彼女たちと2ヶ月間毎週ワークショップをして、女子高生目線の手作り気仙沼観光マップを作ったりね。

ここが変だよ気仙沼!とデコレーションした雑記帳を作って、観光客に書いてもらった。気仙沼の観光客の感想を聞ける貴重なノートには“南駅のトイレが汚い”という書き込みが多かった。せっかくの気仙沼旅行のスタートでトイレが汚いのは大問題!と、市長と一緒にJR盛岡支社の社長に会いに行った。気楽会の活動報告書を提出するとともに、トイレ改修のお願いもした。半年後に綺麗になったトイレは、観光客にとっても、ぼくたちにとっても、心地の良いものになった。津波で無くなったけど、あのトイレは今でも忘れない。

やることすべてがてづくり、マップ製作も、ホームページも、チラシも、お金が必要なら自分たちで稼ぐ。自分たちでできないことは地域の人を巻き込んでやる、そうやってネガティブなこともポジティブに変えてやってきた。自分たちが楽しんでまちづくりするのに補助金なんていらない。

その中のたった一つのことも、仲間がいなければ、何も形にならなかったね。そして、地域の人の協力がなければ盛り上がらなかった。いやむしろ、結果なんてのは、はっきり言ってそれほど重要じゃない。一緒にやってきた仲間との活動ここそが宝物。

ひととひとのつながりが生まれ、その外にまたつながりが生まれる。多くのひとがまちづくりプレイヤーとして連携することがこのまちの将来に大きな影響を与える。活動をともにしたり、街の人とコミュニケーションをとったり、そうやってコツコツ活動した先に、市民みんなが本当にどうありたいかを、自分たちで考え、自分たちで行動に起こす、最高のまちづくりの形がある。

だから、まちづくりサークルとして、大切なことはプロセス。多くの人が自分の郷土に関心を持ってもらい、そのきっかけづくりをサポートすることが重要だ。

まさに、まちづくりはひとづくり、ひとづくりはまちづくり、だね。

いやはや、ついつい、長くなっちゃった。いろいろ思い出してきて、何書いてるか途中からわけわかんなくなってきた。笑

でも、こういう基本的な考え方は今も変わらない。

と言うわけで〜おかげさまで、気楽会10周年!
いつもお世話になっている皆様、
このブログを読んでくれている皆様、
本当にありがとうございます!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2039日めの気仙沼

昨日は気楽会の定例会だった。

14543543_796341493802758_1299611585_n.jpg

今日の10周年と明日の案内課について。
本日まで参加者募集中です。

気楽会10周年記念交流会
「10年経っても気仙沼が大好きです!気仙沼を楽しもう!気仙沼を楽しくしよう!」(仮)

日 時:2016年10月8日19:00〜(18:30受付開始)
会 費:3000円(予)
会 場:第2笑口会議処(八日町)
参加資格:どなたでも

10周年も楽しく盛り上ろう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2038日めの気仙沼

おかげさまで本日39歳になりました。
感謝感謝のサンキュー記念日だね。

不惑に近づいているけど、なんとなく、
その意味がわかる気がする。

人生の折り返し地点かな。
自分に正直に、いい時もそうでない時も、

慌てない
焦らない
当てにしない
甘ったれない
諦めない

自分の道は自分で作る。
惑わず自分の道を歩こう。

この一年は、いい結果が出せる気がする。
というか、結果を出す!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2037日めの気仙沼

昨日は、ばばばプロジェクトの会議。

IMG_6210.jpg

和臣さんが漁師さんから頂いた新口のカツオを持ってきてくれた。
いやぁ、とにかく美味しかった。
しかし、美味しいカツオが出てくる会議ってすごいね。
ある意味気仙沼ならではだ。

IMG_6214.jpg

次回のばばばの場は10月30日(日)GO!屋号。
気仙沼は屋号通りもあるくらい、古いお店がたくさんある。
そこで、お店を回ってお話を聞きながら屋号を知って、
最後にマイ屋号を作ってステッカーにするというもの。
詳細は、後ほど。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2036日めの気仙沼

14469616_1118839254832213_7625063591551741059_n.jpg

モーランド視察(2016.9.25) まとめ
◆変革アイデア
タイトル:「大人の牧場倶楽部」
内 容:陸海空 大人の趣味を持つ人が集まってくる牧場にする。趣味を思う存分楽しめる環境と、情報の集積地としての役割を担う。
ターゲット:地元を中心とする地域で趣味を持つ40代〜60代

 〜趣味の例〜

・ラジコンヘリ、ラジコン飛行機
 上の運動広場にラジコン飛行機発着場を作る。管制塔やガレージなどの整備

・ラジコンカー
 オフロード、オンロード競技場を駐車場の一部と、駐車場下った先の小川が
 ある東屋近辺に作る

・ドローン
 講習会や、オリジナルコースの設定、オリジナル検定や動画配信

・マリンスポーツ
 サーフィン、SAP、ウインドサーフィン、シーカヤック、スキムボードなど
 小泉海岸と連携して、講習会の受付や、パンフレット、ギアのレンタル

・パラグライダー
 初心者講習会やデモンストレーション

・星を見る会
 季節限定で夜の牧場を解放、流星群や、皆既月食など

加えて、コミュニティースペースの提供
・牧場ならではのランチ、カフェメニューの追加
・サークル掲示板、ミーティングルーム
視察を終えての率直な感想

 広い駐車場に車を停め、少し歩くと快晴の高原牧場は気持ち良い眺めと、緑に囲まれ心地が良かった。モーランドと書かれた建物には、土産物と乳製品の販売所があった。総合受付の役割も果たしているのだと認識するも、職員さんにホスピタリティを感じなかった。牧場の歩き方、楽しみ方も、初めての来場者にはすぐには分からず、ガイドマニュアルが必要と感じた。
 一番印象に残ったのは予想以上の動物の糞尿の匂い。発酵した悪臭は強烈で耐え難い。これを毎日掃除するだけでもどれだけ大変か。職員さんの通常業務の過酷さを想像した。
 365日生き物と自然を相手に仕事をすることは、実際に現場で見てみないと、経験してみないとわからない。エアコンの効いた綺麗なオフィスでパソコンを叩いて、数字や理屈で外枠を決めても、実際にやるのは職員さんだ。通常業務に加えて、観光への想いを持ってもらい、モチベーションとホスピタリティを高く保ち、観光施設として形にしていくのは容易ではない。
 単純に観光担当の職員を増加する必要がある感じるが、現状では難しいだろう。現体制で変革するには、職員全体で観光意識を高め合い、やりがいを創出して、賃金の見直しを視野に労働意識を向上されていくしかない。
 それ以前にそのきっかけを促す役割の人は、職員さんとのコミュニケーションを構築することが前提となる。日々の業務の大変さを理解すること、本気でこの施設を変えたいという気概をわかってもらうために、無給でまずは牧場の清掃から1週間の体験業務を強くお勧めする。

ばばばproject 小山裕隆

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2035日めの気仙沼

油断してた!!!!

昨日久しぶりに夕方釣りに行ったら
すんごいのがヒット!!

最初は、アタリが小さくて、竿で大きく合わせたらリール1巻したところで、スッと浮かんだ。
あ〜アタリも小さいけど、サイズも小さいかなぁ〜?って、

そしたら、、グググ!!!!
その後強烈な引き!

あ、ヤバいのきた!

震災後釣りを再開してから一番の強烈な引き!!
グゴゴゴゴ!!!
糸がどんどん出て行く。全然上がってこない!!!!

あーこれはマジヤバいやつだ。

格闘すること5分、根魚でこんなに時間のかかるファイトはしたことない!
どんだけのモンスターだ。

浮いてきたかなと思ったらゴリゴリ潜ってくる。
このブルファイトはソイだね。ネウなら50アップは間違いない。

粘って粘って、相当近くまで寄せられたけど、最後のひと潜りで結局ライン擦られて、
ラインブレイク。。

船ならともかく、陸から5lbじゃ勝負にならなかった。
完全にパワー負けしたね。

腕がパンパン、ロッドを置いたら手がしびれて握れない。
こんなの初めてだ。秋のロックシーズン確実にインしてるね。
今度はこっちも最強装備で行くぞ。

いやはや、なんてこった。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2034日めの気仙沼

気楽会10周年の飲み会用のVTRを編集してる。
10年を振り返るのではなくて、先週のロケのみで構成する、
半分くらい終えて、なかなか良い感じに出来上がったんだけど、
なぜかデータが行方不明に!!!!!

げ〜〜〜イチからかいっ!!!
この3日間の時間を返せ〜!
急いで半分くらいまで作ったところ。

今週土曜に間に合うか!

ーーーー

気楽会10周年記念交流会
「10年経っても気仙沼が大好きです!気仙沼を楽しもう!気仙沼を楽しくしよう!」(仮)

日 時:2016年10月8日19:00〜(18:30受付開始)
会 費:3000円(予)
会 場:第2笑口会議処(八日町)
参加資格:どなたでも
内 容:おかげさまで気楽会は設立10年になりました。気楽会は、気仙沼を楽しもう!気仙沼を楽しくしよう!をモットーに2006年の10月1日に発足しました。会則も規約もメンバーという括りもないサークルですが、毎週必ず行う定例会は現在も途切れず継続しています。10年間で多くの、本当に多くの人と行動を共にしてきました。たくさんの人に支えられ今に至ります。10周年を記念して、お祝い会をします。昔話とこれからの話と。居酒屋貸し切ってワイワイ楽しく盛り上がりましょう!どなたでもご参加できます!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災2033日めの気仙沼

10月1日、気楽会正式発足からちょうど10年。
気仙沼を楽しもう!気仙沼を楽しくしよう!と活動してきた。

会則も規約も、メンバーというくくりないサークルながらも、
毎週必ず定例会を開催し、多くの人と活動を共にしてきた。

毎回地域で頑張るゲストを呼んで話を聞き交流する場「Katari Bar」や
地域の先輩方やリーダーの想いを聞く「熱注ステージア」。

地域の魅力を掘り下げ、楽しく全国へ発信しようと、気仙沼ホルモンマップを作成、
他のまちづくり団体との対決もした。岩沼では大激闘の末に感動の勝利。

地域の観光意識の醸成をテーマに、
南気仙沼駅のキオスク跡に作った「こちら!気楽会 勝手に観光案内課」。
女子高生との観光案内、レンタサイクルマップ、案内課クーポン。
活動を報告をにまとめ、南気仙沼駅のトイレ改修工事をJR岩手支社長に直談判、
半年後、綺麗になったトイレを見て感動した。

仲町大通りでのみなとまつり屋台、気仙沼ホルモンや立ち飲みBAR、
みんなで七夕飾りを作ったり。大川さくらまつりに参加したり。
地域の人と一緒になって活動してきた。

最近の活動は、月1回の観光案内がメインになっている。
活動自体のスケールは小さいけど、気楽会で中心的に活動してきた仲間たちは、
それぞれ違う団体や、いろいろな分野で活躍している。

そして、気楽会の楽しみながらやるという基本コンセプトは不変で、
どこの団体やイベントでも変わらない。すべてのベースは気楽会からだと思う。

震災後、いろいろな地域団体が出てきて、
若い人がどんどんまちづくりに参加できる環境になってきた。
これはすごくいい方向だ。

10年前は、まちづくり団体と言っても、商工会議所青年部や、青年会議所しかなかった。
SNSも普及していないので、新しいことをやると風当たりが強かった時代だったね。

ぼくらも若かったので、無理にとんがったり、気をはったり、
その結果、いろいろ叩かれたりしてね、今ではそれが良い経験になっている。

地域の若者が、、というフレーズはもう言えなくなってきているけど、
まだまだ若手のつもりで、積極的に活動していきたい。

ちなみに気楽会の毎週必ず開催れる定例会は発足からずっと継続している。
盆正月も、震災の週も集まった。
続けることが一番大事。

感謝を忘れず、仲間たちとともに、これかも!

今日も1日頑張りますp(^^)q
  1. 無料アクセス解析