FC2ブログ

被災1053日めの気仙沼

さーて、今日は久々に気仙沼市震災復興市民委員会だ。
気仙沼市が進める震災復興の18のプロジェクトの進捗状況の確認等々を話し合う。

それに先駆けて昨晩は市長を交えての懇親会だった。
1年ぶりにほかの委員と顔を合わせた。
まじめな話や、まちづくりの話、防潮堤の話など等、
終始笑いの絶えない楽しいひと時だったのは言うまでもなく、
今更ながらすごい個性的なひとたちのチームだなって思った。

震災から間もなく3年、市民委員それぞれが個人に活動の幅を広げている。
直接的に街全体の復興には関係ないかもしれないけど、
こういう個人の動きがある意味、復興の一部なのではないかと思う。

ぼくは震災復興のまちづくりに携わっていて、一番の根底にあるのは、
若い世代が夢を語り合うことのできる街にしたいということ。
実際、現実は厳しい。でも、夢を語るのは若い人の役目だと思ってる。

高い理想を持ち、独創的なアイデアでウキウキし、仲間たちと行動に移す。
そのきっかけをつくることで、街が活性化し、創造的なまちづくりになると思う。

誰も夢を語らない、どうせ理想だけ語っても何も起きないよ-なんてそんな悲しい話はない。

確かに一気に何かが変わるとか、逆転満塁ホームランはなかなか打てないもんだ。
それでも諦めずに出来るところから楽しんでやっていくことが大切だと思う。

そういうぼくも昔はホームラン狙いの三振男だったけど、ずいぶん変わったかな。汗

震災後に尊敬するコピーライターのあの方に言われたことを思い出す。
こつこつヒットを積み重ねた先に信頼が生まれる。
それとヒットの延長上にホームランもあると言われたっけ。

まともにヒットも打ててないぼくだけど、毎日素振りはしてるよ。
打席に立つチャンスはある。

今日も1日頑張りますp(^^)q
  1. 無料アクセス解析