FC2ブログ

被災1010日めの気仙沼

昨日はリアス観光創造プラットフォームのコミュニケーション部会(ば!ば!ば!プロジェクト)だった。

ばプロは気仙沼の観光コミュニケーションついて話し合い、事業化していく観光スペシャルチーム。
20代30代を中心に集められたメンバーはとびきりのアイデアと行動力の持ち主だ。
気仙沼のひとの観光意識の醸成をメインテーマに、想いをカタチにしていく。

まずは市民ワンコイン講座をやることに。
みなとのがっこうという企画を気楽会メンバー中心にやっているけど、
それの拡大版と言ったところ。

ステップを3段階に分けステップ1では気仙沼を楽しく学ぶ、
ステップ2ではその気仙沼の学びを発信、ステップ3でツアー化するというもの。
最終目標は気仙沼の人が観光ツアーを企画し、それを副業として稼ぐこと。
具体的には、そこらへんのおばさんが名物ツアー案内人として年間100万円稼げたらすごいでしょ?
そういうひとがたくさん出てきたらすごい街になる。

今回の話し合いでは、まずステップ0として、
ばプロメンバーでモデルケースとして講座を企画しやってみる。
いろいろな楽しい講座をやりたいところなんだけど、まずはやってみないと始まらないという訳。
そのパイロット講座は気仙沼の魚マスターをつくろうということかな。
カツオマスターやサメマスターなど。

ぼくもこの部会に参加することですごく勉強になってる。
特に応援職員や復興支援が縁でこの部会に参加してもらっているひとたちの考え。
外から目線は本当に貴重で的を得ている。すごいんだから。

観光というと、どうしても気仙沼らしくってのを追い求めてしまうけど、
今回の気仙沼の観光意識の醸成というケースではその逆もアリと思っている。
ヘンな話だけど、気仙沼のひとにとっては気仙沼らしくないものこそ、面白いと思うんだ。
面白いことが楽しいし、楽しいことが面白い、それが結果的に観光資源になればいいのではないかと。

どういう形がいいのか、試行錯誤しながら必ずいいものにしていくよ。
何かにとらわれず、自由に楽しくね、気仙沼を笑顔あふれる港町にするんだから。

さーて、土曜日!ご飯もりもり食べて出かけよう!!

今日も1日頑張りますp(^^)q
  1. 無料アクセス解析