FC2ブログ

被災883日めの気仙沼

昨日は気仙沼市魚市場整備に関する検討部会(観光部門)だった。

新しく作られる魚市場は、従来の水産の拠点という機能のほかに、
観光の面でも大いに期待される場所になる。

リサイズDSC_1122

リサイズDSC_1120

ぼくは市民委員会で世界一の魚市場プロジェクトを提案した。
その後の観光戦略会議でも、そして現在はリアス観光創造プラットフォームでも
魚市場に対する思いは変わらない。

魚市場が観光の中心となり、そこから気仙沼の観光ストーリーが始まる。
これからの魚市場が、水産業と観光産業が融合するこれからの気仙沼そのものだ。

時間の制約がある中で、短い時間でもこのような部会が開かれた。
我々の想いがどこまで反映されるのか、気仙沼市の“本気度”が分かるよね。

水産業と観光産業が融合、そして市民と行政も融合したみんなが楽しい魚市場になることを願う!

今日も1日頑張りますp(^^)q
  1. 無料アクセス解析