被災235日めの気仙沼

ん~安波山。いいね~。
最近は日曜ごとに来ている。

サイズ変換_IMG_1774

何度見ても安波山から見る気仙沼は特別だ。

標高239メートル、故郷にサンキュー。
車で絶景ポイントまで行けるのでおすすめ。
気仙沼に来たら、一番見てほしいポイントの一つ。

だって、地元民でも毎週見たいくらいなんだからね。

2011年も残り2か月。
例年は休日なしで大みそかまでフル稼働だ。

今年はさらに忙しくなる。
新しいお店でのクリスマスは不確定要素だらけ。

11月中に今年やりたいと思っていることがどこまでできるかが勝負だ。
新たに気合を入れ直してやるしかない。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災234日めの気仙沼

一昨日の晩は気楽会の「復興を語る会」だった。

気楽会では毎週気仙沼で活動するNPONGOの皆さんと、
気仙沼の復興について語り合っている。

いつもとは雰囲気を変えてやってみた。

サイズ変換_IMG_1768

会場は斎藤茶舗。

サイズ変換_IMG_1767

今回はスカイプを使って筑波大のみなさんとテレビ電話をした。
以前復興を語る会に参加した学生さんが中心となり、
筑波に帰ったあとも気仙沼の復興をみんなで考えてくれていた。
ありがとー!

サイズ変換_IMG_1771

気仙沼の漁業と観光業の面からアイデアを出してもらって
その話し合いで出た結果もとに実際に現地のぼくたちと繋いで、ディスカッションする。

第1回はとっても有意義な中継になった。
○○らしさを出すって、○○の本来の力を十分発揮できる環境にあると思う。
だからまずは、筑波大の学生らしさ、気楽会らしさをうまくすり合わせることから。

学生のみなさんにもぼくらのいいところが伝わったかなぁと思う。
回を重ねることで、何かが見えてくる。まずは続けること。

若さは負けるけど、ぼくらの情熱エンジンはアツいよ~。
どんどん成長していこう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災233日めの気仙沼

まーしーが気仙沼にやってきた!

サイズ変換_IMG_1750

気楽会&ファンの会で懇親会を企画。
ライブもやってくれた。

ぼくは残念ながら、終わりのほんの少しだけ参加。
市民委員会がかなり押してしまって…。
うーライブを聞きたかったー飲みたかったー!
まーしーたちには本当に申し訳なかった。

最後の最後でお詫びがてら「いつかの港町」を歌わせてもらった。

サイズ変換_F1010338

いやはや、歌わないって言ってて、結局歌っちゃったよ、目を閉じて(汗)。

…。

まーしーと一緒に気仙沼に来てくれた夢きんぎょのふたりと
ここから始まる新しいストーリーもあるかも。

そしてそして、12月xx日、気仙沼でまーしーたちが紅白に負けない大きなライブコンサートをする。
マウンテンマウスが繋いだ絆がひとつの形になる瞬間だ。

北海道、東京、山口、気仙沼に集結。

予定されている日程は、ぼくは1年で一番忙しい日なので、
どういうバックアップが出来るかわからないけど、とにかく応援してる。
というか何とかしたい。

これに関しては、すごいニュースになると思うのでそのうちリリースします。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災232日めの気仙沼

一昨日は気仙沼市震災復興市民員会の勉強会だった。

サイズ変換_IMG_1739

まずは市民委員会で選考した「10年後の気仙沼市作文コンクール」の表彰式。
約1400点の応募作品の中から最優秀賞に選ばれた小中高校生9名が表彰された。
作品は市のHP、市のFBページで英訳して紹介されることになっている。

そのあとは防潮堤に関しての勉強会。
県の担当者の方10名数名と市長副市長はじめ市役所の方々、
市民委員で意見交換会を行った。

サイズ変換_IMG_1742

サイズ変換_IMG_1744

まず話は、防潮堤を立てるという前提で進む。
それを聞く、しっかり聞く、聞くしかない。
まずは知ることから。

ぼくは防潮堤の簡単な理屈はそれなりに知っているつもり。
防潮堤を建てるのは県の仕事になる。
その県がどういう考えで、どう推進していくつもりなのか。

懸念しているのが、地元住民の意向をどう考えているか、だ。

ぼくの周りでは我々が誇りに思っている気仙沼の内湾が、
コンクリートの巨大な壁で囲まれるという不安が充満してる。

6.2メートルという数字だけ先行して、
防潮堤なんか要らない!景観が無くなる!絶対反対だ!という意見ばかり。
気仙沼の景観がどうなってしまうのか、ぼくも本当に気がかりだった。

ホンネを言っちゃうとぼくも必要なしと考えてる。
「海と生きる」のもと、津波が来たら逃げる、本当に人の命を守るのであれば、
常に危機感を持って、避難することこそ最大の防災だと思ってる。

今回の震災では、避難のときの津波に対する油断が話題になる。
ここまでは来ないだろう、大丈夫だろうと、判断を間違ってしまって亡くなった方は少なくない。
必ずしも防潮堤イコール人の命を守るとはならないと思っている。

ぼくらは今、大きな地震が来たら迷わず逃げるだろう。
でも次の世代、30年後50年後に同じ緊迫感で逃げるだろうか。
防潮堤が出来てれば、L1の高さの津波(三陸沖地震津波、チリ地震津波等、いわゆる大津波)は、
理論上100パーセント防げることになる。

つまり防潮堤があるので津波は町には入らない。
わざわざ逃げなくても大丈夫と考える人が多くなるだろう。

ちなみにL2の高さの津波(今回の東日本大震災クラスで1000年に一度)は、
防げない防潮堤になる。

とりあえずね、理屈で言ったら敵わない。

たぶん、なんというか、こういうことをぼくが言うのもなんだけど、
防潮堤を作ることに従わざるを得ない、という流れになる。

ぼくが勉強会で県の担当の方に言ったのは、ひとつ。

我々にはどのような選択肢があるのかを早急に提示してほしい、ということ。

地図に線っこ引っ張って高さだけ書いた紙ペラ1枚じゃなくて、
市民が簡単にイメージできる絵とかCGとか模型とかを用意してほしい。

防潮堤の素材、工法、場所は、どのような選択肢があるのか、
たとえば盛り土して道路を堤防代わり考えるとか、復興住宅を防潮堤代わりにするとか、
堤防をもっともっと内陸側にするとか、

とにかく景観を壊さないようにするアイデアが欲しい訳。

それがあって初めて住民との調和があると思う。
調和なしに推進することはありえない。

港町気仙沼は、こういう形で景観を崩さず(むしろ良い方に)に津波対策をした、
と世界に評価される防潮堤を作ればいい。

ザ・防潮堤ではなく、限りなく今の気仙沼の内湾のイメージになるもの。
いったいどういう形があるのだろうか。
県の担当者は早急に対応して選択肢をイメージ化すると言ってくれた。

これからも市民委員会は続く。
副市長が、復興するまでずっと続くと冗談半分で言ってたけど、
冗談じゃなくなってきたぞ。

やれることからやっていこう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気仙沼市 防潮堤 気仙沼市震災復興市民委員会

被災231日めの気仙沼

昨日は市民委員会の防潮堤勉強会のあと、
マウンテンマウスまーしーライブ懇親会。
明日にでも詳しく書きます。

飛び込んできたすごいニュース!

26日の「ほぼ日刊イトイ新聞」より
※11時に更新されてます

=一部抜粋=

月末には、陸前高田に行って、気仙沼に行って、
仙台に行って、東京に戻って、気仙沼に行く予定です。
なんだか旅人みたいな感じですが、
あんまり旅という感覚はないことに気づきました。
なにやら、はじめての感じです。
 
『気仙沼においでよ』という歌が、
魔法のように出来てしまいました。
明るくて、おぼえやすくて、ちょびっと泣ける歌です。
矢野顕子さんからの贈り物で、
ぼくがちょっとだけ手伝いました。
11月01日に、その歌も発表できるようにします。

=======

いやぁ~とんでもないことになってきた。
というのも、ぼくのいちばん好きなアーティストは矢野顕子さんだから。
うれしいとき、かなしいとき、いつも矢野さんの歌を聴いてる。

いやはや、どれだけすごいことかって、なんともなんとも。
“嬉しい感情メーター”完全に振り切ってます。
ぼくにとってはこれ以上のことはないって感じ。

しばらく前のことだけど、
やまちゃんのおかげで糸井さんにマザーTシャツを頂き、会えることになって
やまちゃんに“人生って何が起こるかわからない。ひとの縁とは不思議だ”って
ツイッターでつぶやいたら、

ぼくの尊敬するコピーライターが、
“神の味噌汁”って名言で返してくれた。

まさに神の味噌汁第2章!

テンション激高でどうしようもないっす。

「気仙沼においでよ」

間違いない!これはぼくの生涯のテーマソングになる。
MOTHER4の舞台は気仙沼だ!
(※自分の妄想です)

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災230日めの気仙沼

山口県から親友がやってきた。

サイズ変換_IMG_1728

ラッキー兄妹マウンテンマウスまーしー!
初コヤマ菓子店!

まーしーは山口県周防大島町出身。5年前からの付き合いになる。
ぼくが役員を務める気仙沼の楽天イーグルス応援団「気仙沼☆イーグルスファンの会」の懇親会で知り合った。

歌で地域を元気にするというアツいハートの持ち主。
すぐに意気投合していろいろな活動をしてきた。
「気仙沼ホルモンの歌」や年2回の気仙沼ライブ、
東京でもいい経験をしてきた。

最近では、ぼくが作詞してまーしーが曲にした「いつかの港町」が出来た。



今夜はまーしーを囲んでの交流会。
ぼくは歌いませんからね、ええ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災229日めの気仙沼

23年10月7日に策定された「気仙沼市震災復興計画」を改めて読んでいる。

サイズ変換_IMG_1726

↓気仙沼市のHPから見られるよ。

「気仙沼市震災復興計画」
http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/contents/1318004527115/index.html

「気仙沼市震災復興市民委員会公式HP」
http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/fukko_shimin/

明日は市民委員会で勉強会が予定されている。
防潮堤に関して県の担当の人に話を聞く。

復興計画が策定されても市民委員会はちょくちょく集まるみたいだ。

今後市民の意見収集の方法が問題になると思う。
国や県の意向と同時に市民の意見が一番大切だと思う。

単純に防潮堤がYesNoじゃなくて、市民がもっと深く考えられる環境があって、
防潮堤はなぜ必要なのか、命や財産を守るにはどういう選択肢があるのか、
それを踏まえた上での市民の意見をどう反映するのかがポイントになる。

50年後の気仙沼、100年後の気仙沼、もっと先の未来の気仙沼、
海と生きる、気仙沼市の大切な“これから”が始まる。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災228日めの気仙沼

南町で復活した「ホルモン道場」に行ってきた。
内装は違えど、においと煙は道場の雰囲気だ。

サイズ変換_IMG_1712

はっきり言ってですね、超~美味い!
落ち着くっていうか、やっぱこれだよねって。
間違いない気仙沼のソウルフード。

サイズ変換_IMG_1713

炭火でじっくり焼く。ビールとの相性も抜群。
味噌にんにくのパンチの利いた味。たまらんぞ。

せっかくなので梅割りも。

サイズ変換_IMG_1717

サイズ変換_IMG_1719

サイズ変換_IMG_1721

これが危険な飲み物“梅割り”だ。
甘くてついつい飲んじゃうけど、3杯で腰が立たなくる。

復活した道場は南町のヴァンガードさんの隣のビルの2階です。
さ~みなさん、道場ホルモン&梅割りにチャレンジ!

サイズ変換_IMG_1725

霧の中を歩いて帰った。
写真は幻想的な雰囲気の本郷。

さ~今週は何かと忙しいけど、気仙沼ホルモン食べて元気100倍!
やるしかない!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : ホルモン道場

被災227日めの気仙沼

ついにコヤマ菓子店固定電話復旧!!!

サイズ変換_IMG_1705

夕方に設置するやいなや普通に電話が鳴って注文がきた。
そのあともお知らせしてないのに電話が鳴る。
あれ~やっぱりこれはかなり大きな損失だったと改めて実感。

というわけで繋がったのでどんどん鳴らしてください(笑)。
0226-22-0868です。
ちなみに本日、日曜はお休みです。

ケーキの注文待っとります。

たとえば

サイズ変換_IMG_1702

102歳のケーキ!
すんごい!!

サイズ変換_IMG_1710

似顔絵入りのウエディングケーキ!

今から新郎新婦の友人たちが気仙沼から会場の大船渡へ運ぶそうだ。
かなり大きいぞ。ん~大丈夫かな??心配。

素敵なメモリアルへのちょっとお手伝い。
ケーキ屋として嬉しいことだね。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 生ウエディングケーキ 大船渡

被災226日めの気仙沼

昨日は気楽会の「復興を語る会」だった。

サイズ変換_IMG_1699

南町のヴァンガードにて。

気楽会では、毎週気仙沼で活動するNPONGOのみなさんと復興についてアツく語っている。
半分気仙沼人となった気仙沼志民と面白おかしくもまじめに。

これも続けることが重要だね。
日々変化し続ける課題を整理して自分たちでできることをやっていく。
気楽会だけではできない大きなことも、そのうち…ね。

それとは別に、気楽会×ボランティア軍団×○○、交流ソフトボールのするぞ~との話題に。
広いグラウンドで思いっきりソフトボールやりたいね。
しばらくスポーツしてない人多いんじゃないかな。

今からだと11月下旬なっちゃうけど、いも煮とホルモンで盛り上がりたい。
交流ってホント大切だ。
興味のある方はぼくまで連絡ください。

さて、今日は仕事の前に今から健康診断だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災225日めの気仙沼

長く書いた日記が、あ~!

何かのタイミングで消失。

ありえへん!あ~。

気楽会の観光案内課のことを書いたんだけど、
残念!

もう一度書くのは大変だ。

ツアーの件、おかげさまで11月20日の分は定員になってます。
その後は開催未定です。

どうしても12月は忙しいので、予定がたてられないのと、
寒い中さすがに歩けないでしょう。

気楽会で話し合って、どうするか今週来週には決めます。

あと、お問い合わせがたくさん来ているけど、
なかなかすぐに返信できなくてすみません。

思い入れたっぷりでお問い合わせいただいているので、
しっかりお答えするために、時間かかっちゃってます。
全部必ず返信しますので、少々お待ちください。

では、

本日2度目の

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災224日めの気仙沼

昨日からアパートの隣の渋抜川のフェンスの改修工事が始まった。
津波の影響でフェンスがぐちゃぐちゃだったから。
個人的に特に生活するのに影響はなかったけど、きれいになることはいいことだ。

少しずつ生活環境も変わっていく。

サイズ変換_IMG_1671

そう、こうやって少しずつだけど、確実に変わっていくんだよなぁ。

変わっていく中で思いがけない発見、出会いもある。

同じく昨日夜のこと。

「今夜も大きな鳥がいるぞ。」

コヤマパパが教えてくれた。

アパートのベランダから渋抜川を見ると、大きめの鳥がいた。
どうやら魚を狙ってるみたいだ。

tori.jpg

夜鷹?

明らかに猛禽類の羽ばたき。
体長は30センチくらいかな。羽を広げると80センチくらい。

コヤマパパ曰く毎晩9~10時頃に現れるそうだ。

時間とともに再生していく住環境、そしてその中で見られる自然。
いろんな偶然が重なって、夜鷹が見られるんだと思うと、なんだか不思議だ。

いつまで見られるかわからないから、今度見かけたら近くで写真撮ってみよう。
三脚準備して防寒対策万全で。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災223日めの気仙沼

コヤマ菓子店の包装紙が完成。

サイズ変換_IMG_1655

印刷会社のこうちゃん。

サイズ変換_IMG_1656

いろいろなお菓子がイメージされたかわいい柄。
菓子折りなんかもグッと雰囲気が良くなるね。

サイズ変換_IMG_1669

コヤマ菓子店の新商品も続々の巻。
焼き菓子コーナーも充実してきたぞ。

サイズ変換_IMG_1665

焼きドーナツスティックタイプ。
略して“焼きド”スティック。

1本150円。

かなりオススメな美味しい焼き菓子の登場。
準備が出来次第、ネット販売もやりまーす!

常に動く、それを肝に銘じてやっていこう。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災222日めの気仙沼

NHKニュースウオッチ9は、予想以上に反響が大きかった。

「被災地を“見て感じる”ツアー」(NHKニュースウオッチ9)
http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/?date=111017_2
※PCの方は動画で見られます

参加してみたい、気仙沼に行ってみたくなった、
次はいつやるんですか、と。

最初は戸惑ったけど、そういう声は大切にしたい。
継続してやることで、うまく応えていきたいね。

それとは別に、参加者の皆さんからメールを多くいただいた。
参加してよかった、また是非気仙沼に行きたいとの声ばかり。
実際に参加していただいた人から、声はやっぱり嬉しいっ!
ありがとうございます!

震災前から気仙沼のことを、いいところだね、とか、
面白い人がたくさんいるね、とか、言われることが
この街で生きててよかったと思う瞬間だった。

だから今、まだまだ復旧段階の気仙沼なのに、
来てよかった!また来たい、と言われると、
気仙沼のすばらしさや気仙沼人の底力を再確認しちゃうよね。

次につながる活力を同時にもらってる。

もちろんぼくらのやっていることがすべてがすべてOKとはいかず、
意見的には、ぼくらにとって耳に心地よいものばかりではないと思うけど、
それでも試行錯誤して続けていけば、きっといいものになる。

新しい風、ほんの少し、吹いてきたかな、って感じる夜だった。
ほかの地域でもこういう動きが活発になって、東北や被災地全体がいい流れになればいいなぁ。
被災地同士も連携交流していく形も見えてくる。

仕事も毎日背水の陣!
やることいっぱいだ!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : NHK 気楽会 被災地を見て感じるツアー

被災221日めの気仙沼

昨日は気楽会の観光案内課。
何度でも通いたきくなる気仙沼ツアー。
朝方の大雨もなんのその、思いっきり晴れちゃって。

☆写真レポ
気楽会ブログより

サイズ変換_IMG_1660

ご参加いただいた11名はほとんどが東京の方だった。
遠くから来ていただいてありがとうございます!

来ていいものかどうか、わからなかった、
写真は撮っていいのか、わからなかった、
被災地の方にどんな顔をして合えばいいのか、わからなかった、

参加していただききっと答えは出たと思う。

それだけで、やった価値はあったのかなぁって。

参加者のみなさんにも正直にお伝えしたけど、迎える側のぼくらも葛藤があった。
やはりそこは人の命が失われた場所でもあるから。
見世物敵的に“被災地観光”と銘打って大々的にやろうとはもちろん考えていない。
でも、そこらへんをどういう風に受け止めてもらえるか、
あるいは、これがニュースとしてリリースされた時の周りの反応も。

あくまで、気仙沼のファンをひとりひとり増やしていく、そういうテーマ。
参加者のみなさんには、ぼくらはイメージしていたことが、しっかり伝えられたと、そういう印象。

結果として、どうなるのか、今はわからない。
でも、動き出さなければ、何も始まらない。
継続しなければ、何も変わらない。

次はもっとよくなるように話し合おう。
第2回もしっかり頑張ります。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
気楽会のみんな、おつかれさま。

本日(17日)のNHKニュースウォッチ9で放送される予定。

サイズ変換_IMG_1662

「NHKニュースウォッチ9」
http://www.nhk.or.jp/nw9/

ぜひぜひチェックしてみてください。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災220日めの気仙沼

朝からの雨もなんのその、もうすぐ晴れてきそうだ。
ね、ぼくは晴れ男って言ったでしょう。

今日は「気楽会の観光案内課」だ。
準備はOK!

サイズ変換_IMG_1658

昨晩は斎藤茶舗で今日の案内課で使うアイテムの準備。
道有ママにもお手伝いいただき、イイ感じの装備になりそうだ。
(素敵なフラッグをありがとうございます!)

ツアーは11時市役所出発。
南町、河原田、魚市場前、魚市場、内湾、鹿折と回る。
昼食は全員で美味しい気仙沼の海の幸をいただくのだ。

メディアも入って、ちょっと大所帯になってしまったので、
事故だけは気を付けていきましょう。

靴ひもをちょっときつめに結んで、
軽くストレッチ、よ~し、いってきま~す!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気楽会 観光案内課

被災219日めの気仙沼

新潮社「旅」1000号に特集されているわたしを元気にする63の旅。

サイズ変換_IMG_1654

気楽会の観光案内課を取り上げていただいている。

気楽会の案内課は10月16日(日)に第1回、11月20日(日)に第2回が開催予定。
「旅」上で募集をかけたところ、どちらもおかげさまで定員になった。

明日いよいよ第1回。

気楽会は3年前からJR南気仙沼駅構内でボランティアの観光案内所「こちら!気楽会 観光案内課」をやってきた。
それは、気仙沼に来てくれた方、ひとりひとりに気仙沼の魅力を伝えられたら
もっと気仙沼を好きになって楽しんでもらえると思っていたから。

大々的に、全国のみなさ~ん!気仙沼にきてくださ~い!というスタイルではなく、
あくまでもひとりひとりの観光客にどう気仙沼を良さ伝えられるかを重視してきた。
参加したメンバーそれぞれが地元に対する想いをこめて、
駅から降りるお客さんに「こんにちは!ようこそ気仙沼へ!」と元気に声をかけた。

気仙沼は、美味しい海の幸や、三陸の景勝地を目当てに多くの観光客が来る。
ぼくらは、観光の玄関口の南駅でルートやおすすめスポットを紹介してきた。
旅の魅力ってやっぱり、その土地の人との出会いやが発見が一番印象に残るよね。
だから、ぼくらが少しでもそういう部分を少しでも補えればと思ってやってきた。

乗降客自体は少ない小さな駅だから、実際に案内できるのはほんの数名のときもあった。
やっていることはとても小さいことかもしれないけど、
続けていうことでいつかいい流れのストーリーになるとみんな信じてたんだ。

外ではテントをお茶飲みスペース設置、季節に応じてお茶を出して、
一息ついてもらってから旅のスタートを演出。そこでの会話が貴重だった。

雑記帳をつくり、観光客の方の感想を集めて、汚いと指摘のあった南駅のトイレを改修してもらった。
3か月間の報告書を片手に市長と一緒に盛岡支社長にお願いしたんだよね。

地元の女子高生と一緒に毎週観光案内をしたこともあった。
毎週ワークショップをして最後には女子高生目線の観光マップも完成したんだ。
ぼくらが知らないお得な情報満載だったなぁ。

利用客は少なかったけど、レンタサイクルを使った内湾観光マップを作った。
商港で無料レンタル釣り具セットで釣りが出来る仕組みもあったね。
釣った魚を無料で調理してしてもらえるお店も確保してたのだ。

節目では気仙沼ホルモンを振る舞い、雪の降る中であったかい汁物振る舞いは好評だった。
カツオの中華まんや、いれたてのコーヒー。そういえばサンマも炭火で焼いたっけ。

地元商店のクーポン券も設置して、地域全体で観光地として何かできないか模索もした。
地域全体が観光案内所になったら最高だよなぁと考えた。

ちょっと振り返っただけでも、いろいろやってきたなぁって。
毎週日曜がつぶれるのは、さすがに大変だったけど、心を込めてやっていた分、
反響も大きかったし、いい経験をさせてもらったと感謝してる。

今回も震災はあったにしろ、気仙沼の良さを伝える、現状を伝えるということでは、
観光案内課のスタイルはまったく変わっていない。

まだまだ復旧段階で大変な状況の気仙沼だけど、
現状を知ってもらうのはもちろん、そこで頑張っている人、頑張っている商店にスポットを当てて
それを外から来た人に感じてもらう。
現状でも気仙沼のいいところっていっぱいあるんだよって。

知って、感じて、考えて、繋がって、いい流れになって欲しい。
気仙沼での知り合いやなじみの店を作ってほしい。
今回の後も、復興の段階で何度も通ってもらえるように、
一緒に復興を見守ってもらえるファンになってもらえるように一生懸命お話ししたいと思う。

復興は行政の復興計画だけで完成するものではない。
その土地に住む人個人個人が、出来ることを協力して積み重ねていくことが大切になってくると思う。
商売もまちづくりも出来ることから行動に起こしていく、
続けていくことで、大きな可能性になると信じてる。

気仙沼の基幹産業の水産業と、そして観光業。
観光業の面で、今の段階から変化に合わせて試行錯誤し続けることが、
きっと5年後10年後に活きてくるはず。

さて、明日はどんな旅になるんだろう。
雨は心配だけど、ぼくは晴れ男なんで大丈夫!

今日も1日頑張りますp(^^)q

==========


詳しくは…

サイズ変換_IMG_1574

新潮社『旅』創刊1000号 1300円(特別価格)全国書店で絶賛発売中。
http://www.shinchosha.co.jp/tabi/index.html

タグ : 気楽会の観光案内課 新潮社

被災218日めの気仙沼

やったね。
コヤマの包装紙がもう少しで出来上がる。

サイズ変換_IMG_1648

試作品でこんな感じに。
明るくて楽しいイメージなのでGood!
少しずつだけど、毎日動くことがいいと思う。

震災前から人気商品だったマカロンロールも復活。

サイズ変換_IMG_1653

切り株型のバタークリームのロールケーキ。
1本630円。お菓子フェアでも人気だった。
おすすめ商品がまた増えたよー。

さてさて、

糸井重里さんの「ほぼ日気仙沼支社(仮)」だけど、
11月1日に早くも事務所開きするそうだ。
その名も「気仙沼のほぼ日」ということで、ワクワクしてくるね。
「ほぼ日刊イトイ新聞」

イトイワールドでどう展開していくのか、
この気仙沼で何が生まれるのか。

しかもここだけの話、うちのアパートから歩いて1分くらいの距離に事務所がある。
楽しみが増える毎日。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : ほぼ日刊イトイ新聞 気仙沼のほぼ日 糸井重里

被災217日めの気仙沼

昨日見てうれしかったニュース!

asahi.com(10月12日の記事)

大川にサケが帰ってきた!

う~!

うれしいっ!

大川はまだまだ元の状態ではないのに、戻ってくるんだねぇ。
震災からしばらく瓦礫の山だった大川を見ているだけに、
信じられないというか、自然は強いというか、なんだか不思議な気分。
でも、とにかくうれしいっ!とにかくお帰り!と。

サイズ変換_IMG_0241

↑4月26日の大川の様子

サイズ変換_IMG_0248

このときは今年のサケは無理だなぁと思ってた。

勝手に気仙沼の秋の風物詩と呼んでいた大川のサケ。
ぼくは特別な思いがある。

子供のころからずーっと見てきたからね。
小学校のころは大川沿いを通学してた。
この時期になると行き帰りにサケが遡上しているのが見られる。

当時よく見ていたのは大橋の下。
手の届くくらいの距離で大きなサケが無数に泳いでる。
迫力があって下校の時に寄り道して見てたなぁ。

それとじいちゃんがサケ川(大川のサケのふ化場)で働いていた(朝だけバイト)のもあって、
とても身近に感じている。おかげでいつも美味しいいくらを食べてた。
今年も美味しいいくら食べられるかな。

隠れた観光スポットとして、ぼくはこの時期の大川もおすすめしたい。
近いうちにリポートしに行こう。

今日も1日頑張りますp(^^)q


==========
気楽会ブログより
「2010年10月7日」
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/1994/

被災216日めの気仙沼

コヤマ菓子店のHPをマイナーチェンジ。

koyamawebstore.gif


PCから見ている人ならば、違いが分かってくれるかな。
↑はブログ用プラグイン入り口。

まだまだ理想のHPとは程遠いけど、
やるべきことはわかっているので大丈夫。
焦らずじっくり少しずつ変更していこう。

コヤマのHPには「僕のお店を紹介します」というコーナーがあった。
映画の「僕の彼女を紹介します」をもじったタイトル。
当たり前だけど、震災前のコヤマ菓子店がそこにあった。

珈琲山荘のポットもいい感じで沸騰してたよ。

map.jpg

サイズ変換_【店紹介】1F

サイズ変換_【店紹介】2F

なつかしや。

電話番号で思い出した。

固定電話が22日に工事予定に。
6月から待ってちょっとトラブったけどようやく開通しそうだ。
固定電話が復旧すれば、また新しい展開もできる。

テーマは“攻め”のお菓子屋さん、だ。

さて、今夜は気楽会の定例会。
明後日は気楽会の復興を語る会。
日曜は気楽会の観光案内課だ。

体調整えつつガンガンやっていきましょう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災215日めの気仙沼

震災から今日で7ヶ月。
おかげさまで大きな病気もなく、毎日暮らせている。

節目ごとに思うのは、状況に合わせて心境もどんどん変化していくということ。
復興活動にしろ、商売にしろ、そのときのタイミングは重要になってくるね。

さてさて、おかげさまで絆カステラも順調に売れている。

サイズ変換_IMG_0559

かなりお待たせしちゃったネット注文も
毎日焼くことで希望日にお届けできるようになりました。

というわけでコヤマ菓子店ネットショップも少しずつ更新中。
http://koyama.shop-pro.jp/

店頭では、売り切れになる場合もあるけど、基本的には売ってます。
1本1350円。大量注文は事前予約でお願いします。

ひそかに店頭販売中も「おだづなよT」もサイズ切れ出てきた。
欲しい人はお早めに。
問い合わせはぼくのケータイ090-5235-6641まで。
お気軽にどぞー。

あまり考えたくないけど、クリスマスまで1か月半(!)
例年よりいちご不足で高騰するのは目に見えてる。
こちらも準備が肝心だ。

毎日が背水の陣、やるしかない!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災214日めの気仙沼

小山家は三兄弟。

sankyodai.jpg

昨日は次男の貴史が婚約者とご両親を連れて気仙沼きた。
次男もいよいよ結婚ということになりそうだ。
ちなみに似ているほうの弟。

三男晃宏は今年7月に入籍済み。
来年7月に結婚式だ。
ちなみに似てないほうの弟。

どちらも東京で仕事をしている。
なかなかたのもしい弟たちだ。

長男さんは相変わらずです。
ええ、言いたいことはわかりますよ、だいたいね、ええ。

さーて、今日からまた1週間が始まる。
3連休最終日、気仙沼へ来たお客様、お土産はコヤマ菓子店でどぞー。

ネットショップも徐々に商品ラインナップ充実予定です。
http://koyama.shop-pro.jp/

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災213日めの気仙沼

ひそかにですよ、ひそ~かに、
『おだづなよT』を仕入れましたよー。

昨日よりコヤマ菓子店で店頭販売。色は4色。
限定カラーでイタリアンレッドとバーガンディ。
ただし、2色とも合計で10着とかなりレア。

あとは定番のホワイトとブラック。
ちなみにホワイトボディのインクカラーは黒。

おだづなドットコムのホワイトボディのインクカラーはネイビー。
文字が黒というのは、ぼくが一番最初に作った分と今回のものだけだからね。
ほとんど出回ってない。これまた結構レア。

こだわりの方は初期バージョンの白もおすすめ。

サイズ変換_IMG_0289

追加注文無し。1着1500円。
希望サイズがある方は限定なので早めにどうぞ~。

コヤマ菓子店は、営業時間10:00~18:00、日曜定休でーす。
電話は090-5235-6641のぼくのケータイまで。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : おだづなよTシャツ おだT

被災212日めの気仙沼

さ~ここからですよ、小山裕隆34歳と1日だ。

昨日の誕生日にはたくさんの方からお祝いのメッセージをいただいた。
正直こんなにおめでとうを言われたのは生まれて初めてだ。
心の底から励みになりました。

ここから先、この最高の仲間たちとの楽しい未来を一緒に共有できると思うと、
こんなにも幸せなことはない。最高の誕生日プレゼントだ。
本当にありがとうございました。

今日で被災212日めの気仙沼。
復興に10年かかると言われているので、3650日-212日=3438日

単純計算で復興まで3438日もある。
あと9回誕生日が来る。そしたらぼくは43歳です。
どんな43歳でどんな気仙沼になってるんでしょうね。

過ぎ行く季節、復興への道のり、日々の生活、感謝と友情、
情熱エンジンアクセルべた踏みで、周りを巻き込んで突っ走りましょう!

もう少々お付き合いくださいね。

今日も1日頑張りますp(^^)q


==========
アントニオ猪木「道」



人は歩みを止めた時に、そして、
挑戦をあきらめた時に年老いていくのだと思います。

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる
迷わずゆけよ
行けばわかるさ

被災211日めの気仙沼

今日は快晴、気仙沼は雲ひとつない良~い天気。

サイズ変換_IMG_1639

本日10月7日、おかげさまで34歳になりましたー!

ずいぶん無駄(?)に年をとったとは思うけど、
まだまだこれからって感じなんだよねぇ。

この1年の目標は、ズバリ仕事をとことんがんばる!だね。
コヤマ菓子店で仕掛けたい具体的なアクションがいっぱいある。
それを地道にやっていきたい。

まだまだひよっこのぼくですが、
自分の可能性を信じてとことん走り続けたいと思います!

やるぞ~!とにかくやるしかないんです!!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災210日めの気仙沼

昨日の夜は気楽会の定例会。
10月16日の観光案内課の調整がメイン。

細部も少しずつ詰めて来週に最終調整。
いい案内課になりそうだ。

その前に市役所にて、某ご当地グルメグランプリ関連の会議もあった。
詳しくは書けないけど、関係者のみなさんのアツい気持ちは十分理解できた。
とても感謝すべきいいお話ではあったけど、ここで答えは出ない。

昨日も書いたけど、何年か前からこういうお話はあって、
そのたびに気楽会内でも十分に話し合われたと認識してる。

出場することは可能だけれども、その後の受け入れの体制の問題がネック。
ぼくはそこのストーリー性が欠けてると思ってる。震災を受けてなおさら難しくなった。

一部の人でわーわー盛り上がっても、
ある意味自己満足で店側に迷惑がかかる可能性もある。
地域をあげた一体感を作ることこそ、まずは取り掛かるべき課題。

個人的にはこのテの気楽会の活動は、ご当地グルメ発信もいいけど、
基幹産業の水産業復興への試みにアイデアと情熱を費やした方がいいと思ってる。
個人的にはですよ、個人的には。

いずれにせよ今回のイベントでぼくらが核となって動くことはたぶんない。
市役所の呼びかけでいろいろな団体に声掛けをして、連合軍を作る。
そこに今までのノウハウやスタッフで協力する形がいいと思う。
事務局は市役所か、商工会議所でなければ、進まない話だと思う。

ただ、気楽会内でも理屈じゃなく、アツい情熱で動きたい!と思っている人がいるならば、
それが一番だといつも信じている。情熱を持った人がガンガンつき進めていけばいい。

今思えば身の丈に合った活動を続けてきた気楽会。
ラッキー、チャンス、そういう類の機会は積み重ねてきたものがあって初めて活きる。
これからも自分たちの出来る範囲から、地域を盛り上げていきたいね。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災209日めの気仙沼

明日気楽会ブログに復帰予定。
家に帰ったら書いてみます。

実は震災後は一度も気楽会ブログに登場してなかった。
繋いでくれた仲間たちに感謝!続けるって大変なんだよね。

何から書こうかなって。でもね、ブログってやっぱり鮮度はある。
昔のことを書いてもつまらないもんだ。

もしかしたらホットな話題を提供できる可能性もある。

というのも今夜はとある方々とお会いする予定。
気楽会があの某グランプリに出場どうのこうのの話。

ぶっちゃけ何年も前から出ては、きちんとお断りしてきた話ではある。
ぼくらの答えは今の状況でどう変化しているか。
まずは話を聞いてみて、そこから判断しましょう。

気楽会単体では、現状では相当困難。
ぼくのイメージでは、気仙沼連合軍でギリ。
あたりまえだけど、仮に出るとなれば優勝あるのみ、だ。

というわけで、どうなることやら、です。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災208日めの気仙沼

コヤマにコーヒーミル登場!!

サイズ変換_IMG_1610

なんと珈琲豆屋さんからプレゼントしてもらった。
ありがとうございます!

それに伴ってコヤマ菓子店で珈琲豆も一部販売開始。
珈琲山荘のブレンドは100g530円(税込)。

いつかは必ず復活する珈琲山荘こやま。
一足先に珈琲豆販売だけ復活。

以前から月1で珈琲山荘の復活DAYをやろうと考えていたけど、現実味が増してきた。
珈琲山荘のブレンドコーヒーとバナナジュースを飲みたいってけっこう聞くので需要はあるはず。
時期的にずいぶん寒くなってきたけど、ちょっと考えてみます。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災207日めの気仙沼

昨日は固定電話復旧のブログを書く予定だった。
建物内で電話線が切れているらしく、まずは不動産屋さんにお願いして、
業者さんに工事してもらって改めて電話工事会社さんに来てもらうと。

電話工事は6月からずーっと待っててようやく繋がると思ってのにー。
配線工事も業者さんが忙しくてすぐに予定を組んでもらえないそうだ。
待ち+待ち=とても参った。
これ、コヤマ的にはかなりの打撃。
お客様には引き続き大変ご迷惑をおかけします。

また待ち続けるのかなぁと、ちょっとがっくりきてたところに、
お昼過ぎ、すてきなお客様がコヤマに来てくれた。

サイズ変換_IMG_1632

糸井重里さんと奥様の樋口可南子さん。

樋口さんは綺麗でとてもやさしい方だった。
な~んと、絆カステラも買っていただきました!
前日のおひさま最終回からのコヤマ菓子店でコヤマママもテンション上がってた。

糸井さんは近くにいるだけで気付かされることが多い。
気付きのあとの、自分の変化を、少しずつ表現していこう。

関係者のみなさまいつもいつもありがとうございます。
感謝は行動で。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 糸井重里 樋口可南子

被災206日めの気仙沼

昨日は気楽会5周年記念飲み会。
懐かしい顔も集まって超楽しい集まりになった。

写真を撮ってなかったのでやまちゃんブログをご紹介。

やまちゃんのブログ
http://yamada.da-te.jp/e448368.html


今日は今、電話回線工事中~。
ようやくコヤマにも固定電話が復旧する~。



やかったー。



なになに?



え~~~?



繋がらないの??



建物の中で配線が切れているそうで。
今日中の開通は無理だそうだ…。



いやはや、開通までの道のりは遠い。



今日も1日頑張りますp(^^)q
  1. 無料アクセス解析