被災51日めの気仙沼

貝塚のなおこちゃんが「3.11大震災~巨大津波が襲った~河北新報社」を買ってきてくれた。

サイズ変換_IMG_0303

これは記録としていい写真集。

サイズ変換_IMG_0304

気仙沼上空からの写真だけど、流された自宅とコヤマ菓子店も確認できた。

サイズ変換_IMG_0305

写真で見るといつも歩いてみている風景と印象は違う。川口町あたりはほとんど建物が無い。

他のところも見てみたくなり、グーグルアースをダウンロードして、気仙沼地方を見ていた。

ストリートビューはどうだろう?
と見てみると2009年のままだった。

お~コヤマ発見!!健在だ!!

サイズ変換_IMG_0302

じゃ~~~ん!

いやはや、でも、もう無いんですね。

サイズ変換_IMG_0300

コヤマパパママも呼んで見せたら

「なんだか懐かしい」って。

確かに懐かしい感じがする。不思議だ。
無くなってたった50日だけど、この感情はもう次に向かって切り替わってる証だと思う。

さ~て、天気も良いので気持ちのいい朝!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気仙沼 グーグルアース

被災50日めの気仙沼

今日で震災50日目。

もう50日?まだ50日?
僕の感覚的にはちょうど50日かな。

数字的なことを書いちゃうとあれなんだけど、
復興に10年以上かかると言われていて3650日-50日で、
つまりは復興まであと3600日はかかることになる。

3600日、数字的なインパクトはある。
でも、負けてたまるか精神です。おだづなよ!精神です。

復興への道は、焦らず、確実に、前を向いて、時々周りを見て、笑顔で進む!ね。
忘れちゃいけない、仲間と共に、もね。

そしてそして、構想から1週間、

早くも完成しました~!

サイズ変換_IMG_0286

サイズ変換_IMG_0285

「おだづなよ!負けてたまるか気仙沼」

写真で伝わるかな~。
自分で言うのもなんだけど、かなりイイ感じ。

サイズ変換_IMG_0288

サイズ変換_IMG_0289

予想外に大人気なので、気仙沼で販売会でもやろうかなと思案中です。
期間限定で注文とって、まとめて発注、販売会で受け渡し。

出来ればネット販売までやりたいところだけど…毎日かなり多忙で…。
もうしばらくお待ちください。
っていうか、全然儲からな~い。僕としたことが価格設定ミスッ!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 復興Tシャツ おだづなよ 気仙沼

被災49日めの気仙沼

昨日は魚市場会議室で、

サイズ変換_IMG_0274

「仮説店舗・工場・事務所等設置に関わる説明会」を聞きに行った。

サイズ変換_IMG_0273

300人以上も入場し、関心の高さが一目で分かる。
これから仮設の店舗、工場、事務所での営業再開を目指す事業者が真剣に聞いていた。

ここで詳細は長くなるから書かないけど、今後おそらく必要なのは、
"強いリーダーシップ”と"ネットワーク”だね。
早急に実現できたらいい試みではあると思う。

うちも仮店舗の目途は一切立ってない。
コヤマ菓子店の再開は、まずは仮店舗での製造、販売だ。
仮店舗を探さなければいけない。市内ではすでにいい物件はなかなか無い。

そんな中、先日、コヤマパパが、とある空き家のオーナーから、
持ち家が空いているので良かったら不動産屋さんにお話してみてはいかがですか?
直接に話をと持ちかけられた。

すぐに物件を見に行ったら、なかなかの立地条件。
コヤマパパは、ここでやれたら最高だなぁと、テンション高め。
次のステップへいけるかも!という期待が膨らませていた。

しかし翌日、不動産屋さんに出向いてみると、すでにその空き家は交渉中とのこと。
震災後すぐに借り手が出たらしい。
その家主はいろいろな人に声をかけているそうで…。
つまりは、マネーゲームと…。

足元を見られた感じがして、あ~あって感じ。
親父もひどく残念がってた。
弱みに付け込んでそういうことやっちゃイカン。

人からありがたさを痛感するこの時期、
その逆もまた然り、だ。

さて、まずは、土地ね、土地ですよ。
仮店舗をやれる場所も同時進行で見つけないとね。

やることいっぱい夢いっぱい。
家も店も流されたけど、僕は心までは被災してないぞ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気仙沼 空き店舗

被災48日めの気仙沼

昨日は気仙沼大川の桜並木を見に行ってきた。
気仙沼を代表する桜の名所だ。

満開の桜並木。例年ならば気仙沼ホルモンを焼きながら
お花見をする市民で賑わっているところだ。

サイズ変換_IMG_0234

でも今年は様相が全然違う。
花は綺麗に咲いているけど、周りはがれき、桜の木は所々折れている。
今回の震災で179本あった桜は114本に減ってしまった。

写本 -サイズ変換_IMG_0236

津波で折れても、しっかり花を咲かせていた。

サイズ変換_IMG_0241

内の脇から南気仙沼小学校へ渡る"かり橋”の跡。

サイズ変換_IMG_0244

すでに看板の意味は無い。

サイズ変換_IMG_0253

根元から押し倒されている桜も健気に花を咲かせている。
満開の桜、一切綺麗だとは思わない。
こみ上げてくるのは、むなしさ、だけ。

写本 -サイズ変換_IMG_0257

もちろん花見をしているひとは、ただの一人もいなかった。

サイズ変換_IMG_0261

ほとんど折られて、地面に横たわりながらも花を咲かせていた。

サイズ変換_IMG_0260

ここから先、河口までの並木はない。あとは全滅だ。

サイズ変換_IMG_0262

通行すら出来なかった。

サイズ変換_IMG_0263

いったん大きな通りに出ると、
道路はアスファルトが見えて、通行しやすくなっていた。

サイズ変換_IMG_0266

帰り道、

サイズ変換_IMG_0267

車が錆びて、茜色になってる。

サイズ変換_IMG_0268

辺りの車の色は全て同じ色だった。

サイズ変換_IMG_0270

廃墟とがれきの中では、茜色の車のほうが桜よりも目立てしまう。

サイズ変換_IMG_0248

きっと来年になれば、この桜たちを見て綺麗だなぁと心から感じるだろう。
そのときに笑顔でお花見したいと思う。

さ~て、コヤマ菓子店復活に向けてやるしかない!
おかげさまで体調バッチリで全力疾走OK!
1年後に楽しいお花見するぞ~~~!!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 大川桜並木 気仙沼 気仙沼ホルモン

被災47日めの気仙沼

気仙沼も日中はだいぶ暖かい。
今日なんかは晴れて気持ちのイイ朝だ。

そうそう、昨日ツイッターでつぶやいたけど、
復興するぞデザインTを発注したので報告。
価格は1500円くらいで誰でも着られる感じで。

サイズ変換_IMG_0222

前(胸)のデザインイメージ

「みなとまち 気仙沼」

編集_サイズ変換_Tシャツデザイン(写真)

背中のプリントイメージ

「おだづなよ!負けてたまるか 気仙沼」

上手い下手は別として魂込めて書いた。
自信作、完成品が楽しみだ。

「近い将来"被災地”気仙沼から"港町”気仙沼へ!」

おだづなよ!って、震災なんかに負けてたまるかって。

欲しい人は、追加注文しておくので

1、サイズ【S、M、L】
2、カラー【ブラックorホワイト】
3、枚数

を明記の上メールで【koyamacake@gmail.com】か、
電話【090-5235-6641(小山裕隆)】まで。

なお、地方発送は、あとでHPで限定ながら販売するので
しばらくお待ちください。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気仙沼復興Tシャツ おだづなよ

被災46日めの気仙沼

昨日は気楽会の定例会だった。

サイズ変換_IMG_0185

会場はワンテン2階、震災後は毎週日曜がスタンダード。
昨日も多くのアイデアが出て、"即実行する勢い”の大きな1本を話し合った。
今まで培ってきた経験とネットワーク、そしてみんなの情熱でいい形になると思う。

その後は、気楽会のみんなで南町の原田新聞店へ。

サイズ変換_IMG_0197

気楽会メンバーの原田雄介は読売新聞の販売店を経営している。
今回の津波で店舗兼自宅2階床上まで浸水、
顧客データ等新聞販売店としての機能が全て失われた。
彼のお父さんの命も奪っていった。

頑張り屋さんの原田は、お母さんを支えつつ、避難所(紫神社)で寝泊りし、
新聞店再開に向けて奔走していた。

いろいろな人の協力もあり、来週から新聞店を仮店舗で再開することになった。
僕ら気楽会も何か力になりたいと、お店の看板を気楽会で作ることにした。

「できれば、南町の家のものを再利用して看板を作ろう」

サイズ変換_IMG_0195

店先は片付いているが、いったん奥の自宅に入ると
震災直後からのヘドロがあり、ほぼ当時のままだ。

サイズ変換_IMG_0191

扉、壁、靴箱、何か看板として使えそうなものはないか…みんなで探す。

「上見て、それ使えるよ!それにしよう!」

サイズ変換_IMG_0188

お~蛍光灯のカバーか!

サイズ変換_IMG_0192

丁寧に外して、洗浄したら、十分看板として使えるぞ。
電気を付ければ、光る看板になる。

サイズ変換_IMG_0198

田谷の仮店舗へ移動、同時にペンキと筆を買ってきた。
これは親友の山口県のアーティスト「マウンテンマウス」からの義援金で購入。

看板といえば気楽会の匠、元看板屋さんのDDN。
会計事務所に勤務してしばらく経つけど、覚えた技術は色あせない。

サイズ変換_IMG_0204

僕らも協力してお手伝い。↑すでにいい感じでしょう?

サイズ変換_IMG_0209

だるまの目入れならぬ、ロゴの目入れ。
ロゴの中心点に丸く色入れて、看板に魂を入れる。
約3時間で完成した。




完成品がこちら





じゃん!




サイズ変換_IMG_0213

抜群の完成度!!!
ほとんどDDNの仕業(笑)。
完成の後、全員で大拍手!!!

原田はみんなの前でしっかりこれからの意気込みを語る。

「すばらしい再スタートが切れそうです。いつかまた南町に戻れるように一生懸命がんばります!」

原田家の食卓を照らしていた蛍光灯が、
今度は新しいお店の未来を照らす。

サイズ変換_IMG_0221

「原田新聞店」
読売新聞気仙沼販売所
気仙沼市田谷20-6(市立病院下)

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 読売新聞気仙沼販売所 原田新聞店

被災45日めの気仙沼

大好評だった新気楽会Tシャツ。
晃宏が作ってきてくれたんだけど、あっという間になくなっちゃった。
俺も私も、Tシャツ欲しい!と多くの声。

それならば新デザインで作っちゃいましょう。

せっかくなので気楽会のTシャツというよりは、
誰でも着られるような感じにしようかなって。

デザインはこちら

編集_サイズ変換_Tシャツデザイン(写真)

「おだづなよ!負けてたまるか 気仙沼」

語気強めに復興への意気込みがこもったメッセージ、
【おだづなよ!】は気仙沼弁で【ふざけるなよ】だ。

ストレートにふざけるなって意味ではなく、
なんと言うか、地元の人ならニュアンス分かると思うけど。

今回の震災での自然への怒り、大切なものを失った悲しみ、
負けてたまるか!という怒りにも似た発奮する言葉。
さまざまな感情を地元の言葉で"おだづなよ!”と。

おだづなよ!負けてたまるか 気仙沼

ちなみに字は僕が書きました。
今日か明日か発注してみます。

お楽しみに。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : おだづなよ!負けてたまるか気仙沼Tシャツ

被災44日めの気仙沼

昨日は魚市場の屋上駐車場でウミネコ発見。

サイズ変換_IMG_0168

変わり果てた海を見ていた。
でもしっかり生きてる。ウミネコもがんばれ。

さてさて、

昨日はまさかまさかの事件が起こった。

僕のケータイがなり佐川急便から階上の営業所止めで小山裕隆宛で荷物が届いていると。
聞くと送り主は聞いたこと無い名前だ。

はて?どちらさまだろう?

早速営業所に行き、伝票を確認する。
送り主はミステル・カカオさん…

誰??

ダンボールひとつ。
内容は"救援物資”と。

ん~ちょっとよく分からないけど、貝塚さん家に持ち帰った。

開けてみると

「Para reavivamiento de TOHOKU !! MISTER CACAO」

え?

あっ!

え?

プロレスラー?

サイズ変換_IMG_0137

って言うか






え?!







も、もしかして!








こ、



こ、



こ、



こ、



これは~



津波で流されたはずなのに



信じられない



まさか



まさかの!!!!!!!




















サイズ変換_IMG_0136

Mr.ウミネコ!!!



うお~~~~~~!!!!!


なんでだ~~~~~!!!!!


うお~~~~~~!!!!!


どうなってんだ~~~!!!!!


極度に興奮して何が起きたのか訳が分からない。


とにかくなんでMrウミネコのマスクが?


どうなってんだ一体!?


マジかよ


震える手で手にとった

サイズ変換_IMG_0162

確かにウミネコのマスクだ。

完全復元って言うか、

とんでもなく完成度が高い!!


サイズ変換_IMG_0163

額にはがんばれ東北

サイズ変換_IMG_0164

横にはなんと気仙沼の地図入ってる!!!

ヤバイ!!!

何このプロ仕様?!


ありえないド興奮の中、ミステルカカオさんに電話した。

事の詳細はこうだ。

ミステルカカオさんはプロレスラーで覆面屋工房というプロレスの覆面製作を行っている。

晃宏(小山家三男)が、流された「Mr.ウミネコのマスク」を作り直して
サプライズで送ろうとしたそうだ。
ミステルカカオさんに今回のマスク製作をお願いする経緯を話したところ、
そういうことなら代金は頂きませんとタオルなどの救援物資とともに送ってもらった。

ミステルカカオさんの心意気とすさまじい技術を魅せてもらった。
前の流されたウミネコのマスクは僕がデザインをしてコヤマママが作ってくれた。
実は手作りだったのだ。それをブログの写真だけで完全再現してもらって本当に驚いた。

今の僕にとってこれ以上気合の入る救援物資はありません。
ミステルカカオさんありがとうございました。

覆面屋工房
http://blog.livedoor.jp/fukumen_ya_kobo/
ミステルカカオの日記
http://blog.livedoor.jp/mistercacao/


晃宏もなかなかやるな。
さすがにこれは予想してなかった。

ところでMr.ウミネコって何ですか?と言ったツッコミが聞こえてきそうなので少々説明を。

Mr.ウミネコは"気楽会非公認マスコット”。
イベントなどに出没して訳の分からない行動をする謎の覆面男。
カタコトの日本語と英語をしゃべる。なお、正体は不明。
2007年くらいから出没し始める。気仙沼冒険王という気楽会の地域探検プロジェクトに対抗して生まれた。
なので「ボウケンオーツブス」が口癖。

気楽会の気仙沼日記より
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/708/
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/1091/
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/1199/
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/1301/
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/1594/
http://kirakukai.blog.shinobi.jp/Entry/2089/

これでいくらか分かってもらえたでしょう。

それにしてもウミネコをマスクを見たときの衝撃と興奮度合いは半端じゃなかった。
お昼に食べたうどんの味が良く分からなかった。
とにかく僕にとってこのマスクは思い入れのあるのだ。




ではでは





早速Mr.ウミネコに登場してもらいましょう!






サイズ変換_IMG_0159

「オー!ミステルカカオ!グラシアス!!」

サイズ変換_IMG_0152

「ケセンヌマ!ミヤギ!トウホク!チカラ アワセテ フッコウダ!」

かなり気合の入っているMr.ウミネコでした。

なお、くどいようですが、正体は不明です。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : Mr.ウミネコ奇跡の復活

被災43日めの気仙沼

昨日4月21日はコヤマパパの誕生日。
おかげさまでコヤマ菓子店4代目小山隆市も還暦になりました。

ちょっぴり奮発して時計をプレゼントした。

サイズ変換_IMG_0134

サイズ変換_IMG_0135

細かい字が見にくくなる年齢で見やすいやつとも考えたけど、
まだまだ若いつもり(?)でいるので、デザインのかっこいいやつにした。

照れながらも喜んでたのでいい贈り物になったと思う。

今日は今のところケーキ6台の注文(すごい!!)。
おかげさまです。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : コヤマパパ還暦

被災42日めの気仙沼

久し振りにコヤマのあった仲町大通り付近に行ってきた。

「お~だいぶきれいになってる!」

サイズ変換_IMG_0130

ダイヤモンドプラザのがれきは半分ほど撤去されていた。
コヤマの残骸があったがれきの山も無くなっていて、
これできれいさっぱりって感じだ。

道路は通っているけど、所々冠水している。もちろん満潮時はさらに水かさが増す。
仲町、魚市場よりも海側は乗用車での往来は基本NGだ。
工事車両の邪魔にならない早朝に、塩水被って錆びるの覚悟で行くのは止めないけど。

昨日は午後に出会いがあった。
なんとこのブログを見て是非会ってみたいと長野からわざわざ僕を訪ねてきてくれた。
そんなことって…あるんですね~。

サイズ変換_IMG_0132

清水慎一さん。
いただいた名刺には「菓子創りは夢創り」と…ん~ヤバいぞ!(笑)
清水さんは長野県伊那市にあるお菓子屋さん「スイートオアシス菓匠shimizu」の3代目。
スタッフとお仲間と4人で気仙沼まで来てくれた。

先週の日曜日(17日)に初めて電話をもらって、昨日(20日)初めてお会いした。
とにかく急展開もいいところ。
で、なんで長野の清水さんが気仙沼の僕に会いに来たかって?

もったいぶって申し訳ないけど、この出会いは1日のブログでは語れない。
瞬時に意気投合でなかなかにストーリー展開たっぷりのファーストコンタクトだった。

そして頂いたお菓子の美味しい事美味しい事ね、とにかく美味い!!
貝塚さん家のちよこさんも「今まで食べたおまんじゅうで一番美味しい。」と。
う~む、確かに…凄まじく美味いぞ。

「スイートオアシス菓匠shimizu」
http://www.kasho-shimizu.com/

すばらしい出会いと、そして動き出したストーリー。
ブログを通じた出会いが、情熱エンジンをアツく加速させる。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 清水慎一 菓子創りは夢創り

被災41日めの気仙沼

家族、貝塚家とも怪我や体調を崩すことなく41日め。
おかげさまです。

今日はコヤマパパの近況でも少々。
大変多くの人、親戚友人知人、気中20回生の仲間に支えられて、
震災前のコヤマのマスター、りゅうちゃん、になってきた。

サイズ変換_IMG_0120

おかげさまでキャラクターケーキの注文も入っている。
昨日は避難所の方から避難所のお子さんへのサプライズプレゼントで
キャラクターバースデーケーキ!笑顔のある素敵な誕生日になったことでしょう。

サイズ変換_IMG_0112

バースデーケーキの受注生産そのほかに
4月4日に『リアスクローバー』をスタートさせた。

サイズ変換_IMG_0109

被災した3店のお菓子屋が被災を免れたお菓子屋の工場を借りて
4店協力してお菓子を製作。毎週火、水曜に商工会議所前でお菓子を販売している。

その4店は、

サイズ変換_IMG_0127

南町の「若生餅屋」さん、

サイズ変換_IMG_0126

魚町の「紅梅」さん、

サイズ変換_IMG_0129

そして工場を提供している駅前の「とらや」さん。

サイズ変換_IMG_0115

フルーツ生ロールとカマンベールチーズロール、

サイズ変換_IMG_0116

さくらもち、どちらも1パック200円(税込)。

サイズ変換_IMG_0117

商工会議所の駐車場脇で毎週火、水曜10:00~販売。
※なくなり次第終了

餅屋、和菓子屋、ケーキ屋、と得意分野は違う。
お互いの技術を教えながら協力して作るその一品は、格別の美味しさ。
見つけたら是非買ってみてください。

親父も毎日忙しく仕事している。
元気でやっているので安心してください。

サイズ変換_IMG_0123

キャラクターケーキも受注生産ながら承っております。
※ネット販売はもう少し先です

親父がやっているネットショッピングページ
「気仙沼ネットデリバリー」
http://www.kesennuma.net/

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : リアスクローバー 若生餅屋 菓匠紅梅 とらや コヤマ菓子店 小山隆市

被災40日めの気仙沼

今日で被災40日めか。時間が過ぎるのが早い。
おかげさまで僕はコヤマ菓子店復活にむけて奔走する毎日。
夕方に時間が出来たので久し振りに気仙沼小学校に行ってみた。

サイズ変換_IMG_0090

サイズ変換_IMG_0089

子供たちがサッカーして遊んでた。
自衛隊さんのほうへボールが行きそのボールをけって返す。
なかなかほほえましい光景だ。

サイズ変換_IMG_0105

市民会館の前には手作りのこいのぼりが元気に泳いでいた。

サイズ変換_IMG_0093

中学校の桜は3部咲き。日当たりの良いとことではきれいに咲いている。
今週末には見ごろを向かえそうだ。

サイズ変換_IMG_0101

中学校の校庭は仮設住宅になる。85戸の予定。

サイズ変換_IMG_0098

大工さんがんばってました。

サイズ変換_IMG_0100

市民運動公園(市民会館のグラウンド)では106戸。今週中には完成するそうだ。
ただ、それでもまだまだ足りない。気仙沼では2800世帯が入居希望を出している。

うちはもうしばらく貝塚さんにお世話になります。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 仮設住宅 気仙沼中学校

被災39日めの気仙沼

昨日は気楽会の復活第1弾イベント。
気仙沼市の東新城にある「すこやか」で全国から来ているボランティアの皆さんに
「気仙沼ホルモンでありがとう!」とご当地グルメ気仙沼ホルモンを食べてもらった。

サイズ変換_IMG_0076

それにしてもなかなかいい感じの店構えですよ。
奇跡的に見つかった気仙沼ホルモンのれん。
ほかの備品はすべて新たに買い揃えた。
資金は親友マウンテンマウスからの義援金を使った。

サイズ変換_DVC00251

気楽会も20名ほど集まり、あっという間に屋台が出来た。
さすがはチームワーク抜群、打ち合わせなしに一斉に持ち場に着いた。
これね、僕が言うのもなんだけど、見事なの、各々の持ち場を完璧にこなすから。

サイズ変換_DVC00254

さぁ~おいしく焼きあがりましたよ~。

ちなみに「気仙沼ホルモン」とは…

気仙沼独特のホルモンの食べ方で、50年前から市民に親しまれているソウルフード。
3つの特徴がある。

①豚の生ホルモンを焼く(部位ごとに分かれていないミックス)
②ホルモンの味付けは味噌にんにく
③千切りキャベツにウスターソースをかけたものに焼いたホルモンと絡めて食べる

ほとんどの方が初めて食べる気仙沼ホルモン。
久々の焼きたての肉、しかもキャベツもシャキシャキ。
みなさん美味しい美味しいと喜んでくれた。

サイズ変換_IMG_0077

今回のイベントの趣旨は2つ、
ご当地グルメでボランティアスタッフのみなさんに感謝の気持ちを表すこと、
それと被災しながらも、地元の若者が動き出した、という事をアピールすること。

大成功だったと思う。
地元メディアテレビラジオ新聞ほとんど全て取材してもらった。

中には全国版で放送されたのもいくつかある。

NHKの全国版ニュース(PCのみ)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110417/t10015374551000.html

その他はネットのニュース検索で「気仙沼ホルモン」と入力するとそれなりに出てきます。

次のイベントはさてさて、何をやるんでしょうか!
来週の定例会は24日(日)13:00~ワンテンビル2階

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気楽会 気仙沼ホルモン マウンテンマウス

被災38日めの気仙沼

今日4月17日(日)は本来ならば「気仙沼大川さくらまつり」が行われる日。
気楽会は大川公園で気仙沼ホルモンを屋台で販売する予定だった。
今年はもちろん中止。昨日大川の桜の様子を見に行った。

サイズ変換_IMG_0066

まだ桜は咲いていないな、と思った直後、
強烈な異臭がマスクの上からも鼻を劈(つんざ)く。
ヘドロと異臭は気温上昇と共にさらに強まってる。
そして内の脇地区はまだまだがれきの山だ。
見渡す限り辺りは震災から変化無しだ。

サイズ変換_IMG_0068

写真の左下に写っているのは大川の"かり橋”。
南気仙沼小学校へ渡る橋。津波でこんな所にあった。

サイズ変換_IMG_0072

大川公園は無残な姿、一時がれき集積場に。
内の脇地区は津波の被害に加え、火災の被害で残っている建物が焼失、
爆弾が落とされた感じ。

サイズ変換_IMG_0065

大川の桜並木は今回の災害で179本から114本になったそうだ。
少なくなったけど、残った桜ががんばって花を咲かすだろう。

気楽会はさくらまつりで気仙沼ホルモンを焼く予定だった本日、
すこやかで全国から来てるボランティアのみなさんに気仙沼ホルモンを焼く。

気楽会復興第1弾イベント「気仙沼ホルモンでありがとう!」
地元の若者が感謝の気持ちを気仙沼のご当地グルメで!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気仙沼大川さくらまつり 気仙沼ホルモンでありがとう!

被災37日めの気仙沼

昨日は5台のバースデーケーキをお客様にお届けできた。
復活へ向けていいスタートだ。

201116.jpg

写真は、とらやさんの工場でケーキを作るコヤマパパ。
このあとパパ取材のため、久しぶりに僕が作った。
イイ感じに出来たので、たぶん喜んでもらえるでしょう。

次なる仕掛けを画策中。
ここでは言えないけど、急ピッチで進んでます。

さて、

20114162.jpg

明日は気楽会の復活第1弾イベント
「気仙沼ホルモンでありがとう!」

日時:4月17日(日)11:30~
場所:すこやか(東新城)
内容:ボランティアの拠点施設になっている「すこやか」で、全国から支援に来ていただいているスタッフの皆さんに、気仙沼ホルモンを食べていただき元気になってもらう。同時に、地元の若者みんなで感謝の気持ちを伝える。
※一般対象ではありませんのであしからず

気楽会は「すこやか」に10時集合です。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気楽会 復興へケーキ5台のスタート!

被災36日めの気仙沼

昨日から始まったバースデーケーキの注文受付。

サイズ変換_IMG_0059

早速宣伝用のチラシを作った。
(やまちゃんむっちゃんからプリンター頂いてました!早速大活躍☆です。ありがとう!)
近所中心に張ってもらって好感触!

早速注文の電話が!

今日は今のところ4件注文が入りました~!
好発進でありがとうございます!

ひとつひとつやって行こう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災35日めの気仙沼

昨日とうとうネット開通!
仙台のなおこちゃんがdocomoのデータ通信端末を送ってくれた。
ありがとうございます!

20114142.jpg

今はダンボールの上にノートPCのみ。
椅子も机も無いけど、ここからはじめよう!

コヤマ菓子店のHPをちょっとだけいじってみた。
ネット販売再開に向けてどんどんやってくぞ!

それと昨日の晩、親父のケータイが鳴り

20114141.jpg

震災後初となるバースデーケーキの注文が!!

そうなんです!
実はバースデーケーキの受注販売を開始しました!!!!!

駅前のとらやさんの工場をお借りして注文があれば、
バースデーケーキをお作り出来ます!!!!


コヤマ菓子店
『バースデーケーキ販売再開のおしらせ』

バースデーケーキ
5号 2,310円
6号 3,465円
7号 4,410円

キャラクターケーキ
6号 4,095円
7号 5,040円
どんなイラスト、写真でもケーキにします。

※予約はお早めにお願いします。
※お受け渡しは気仙沼駅前の『とらや』さんで。
※市外への発送はクール便が使えるようになったら可能です。
※特にコヤマパパ張り切って作りますので間違いなくおいしいです。

090-5235-6641(僕)
090-2360-5578(コヤマパパ)

どちらかにお電話ください。

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : ネット環境整いました!

被災34日めの気仙沼


昨日は病院で花粉症の薬を出してもらった。被災した人は医療費全額無料だそうで、さすがは日本と感心した。

ふと立ち寄った自宅付近のがれき置き場から、大変なお宝を発見。気楽会の気仙沼ホルモンのれんが出てきた。これは気楽会で初めて気仙沼ホルモン屋台を出した時にみんなで作ったもの。言わば気楽会のプライドだ。4年前に赤い布を買ってきてペンキで書いた。これが出てきたのは、何かの運命か。

と言うのも、気楽会の復活イベント第1弾は気仙沼ホルモンの振る舞いだから。

今週の日曜日に、全国から訪れているボランティアの皆さんに感謝の気持ちを込めて、ホルモンの振る舞いをやることになった。

【気楽会復活イベント第1弾~感謝の気持ちを形に(仮称)】

日時:4月17日(日)AM10:00(集合)11:30焼き方開始予定。
場所:すこやか(東新城)

内容:ボランティアの拠点施設になっている「すこやか」で、全国から支援に来ていただいているスタッフの皆さんに、気仙沼ホルモンを食べていただき元気になってもらう。同時に、地元の若者みんなで感謝の気持ちを伝える。

今回の津波で備品が全部流されてしまったので、全て県外から買ってくる予定。経費は親友マウンテンマウスからの義援金を使う。本来は被災した僕らへ使うのが筋だけど、まーしーに連絡したら、僕らの考えに同調してくれて是非使って欲しいと、逆に喜んでくれた。ありがとう。

個人的には気楽会の今後の活動については、気仙沼の基幹産業である水産業をどう復興するかを話し合っていきたい。やはり気仙沼は水産都市、三陸の港町気仙沼としてどう再生していくか、これには尽きると思う。僕らで一体何ができるのか、今はピンポイントで答えは出ないだろう。それでも地元の若い人間がやれることは必ずある。もちろん、個人的には家業のコヤマ菓子店復活が一番大切だ。そして、コヤマ菓子店はやはり港町気仙沼になければ本当じゃない。

家業、地域、まちづくり、前向きに一歩一歩出来ることからやっていこう。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災33日めの気仙沼


写真はたいせいくん(3さい)と僕(33歳)。

先日貝塚のけんちゃん家族(仙台在住貝塚家長男)が気仙沼に来た。けんちゃんファミリーはパパけんちゃん、ママあやさんと、たいち、だいすけ、たいせいの男3兄弟。仙台のなおこちゃん(貝塚家次女)も来てて賑やかな週末だった。

たいせいと野球をして遊ぶことになった。実は小さい子供の相手をする経験はほとんど無い。

僕がボールを投げる、たいせいがバットで打つ、僕がボールを拾う、ね、

ボールを投げてバットで打つ、

拾う、

ボールを投げてバットで打つ、

拾う、

ボールを投げてバットで打つ、

拾う、

で、これ、いつまで続くの?

ボールを投げてバットで打つ、

拾う、

ボールを投げてバットで打つ、

拾う、

ボールを投げてバットで打つ、

拾う、

ようやく理解した、

これってたいせいが飽きるまで延々続くのね、知らなかった。しかも子供は疲れ知らず、底知れぬスタミナ。

『あの、ギブアップなんですけど…。』

かなりやられて汗かいちゃった。

その後お風呂に入ってると…

ガラガラ…

え゛!?

どうすんの??

どうすればいいの?

裸のたいせいが入ってきた。

震災時は地震にも津波にも冷静だったけど、これには戸惑っちゃった。

子供をお風呂にいれるの初めてだよ。

とりあえず、おけで体を流してやった。

『シャンプーする?』
「うん。」

えーするんだ(・・;)
どうやるんだ…

『からだあらう?』
「うん。」

えーやっぱ無理だよ~
ちんちん小さい~

と、戸惑ってると、勝手に風呂場で遊びだすたいせい。あ~風邪ひいちゃうよ。とりあえずお湯をかけて体を冷やさないようにして。あ~ちょっとま、とりあえず湯船に入れて温めて…あ~あ~ちょっと、あ~と、遊んであげてたら完全にのぼせた…。

聞いたら家族以外とお風呂に入るのは僕が初めてだそうだ。なぜか気に入られちゃった(*^_^*)
すっかり仲良くなったよ。また遊ぼうね。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災32日めの気仙沼


昨日は気楽会の定例会。10時になるとコヤマ菓子店跡地に続々と若い力が集まってきた。周りはがれきの山、椅子もテーブルもない青空定例会だ。それにしても沢山集まったもんだ、その数20名。単純に何でも出来そうな気がしてきたぞ。

久々に会う顔と被災時のことや、これからのことを話した。全員で気楽会Tシャツを着て記念写真。その後魚市場の屋上に移動し、作戦会議。

早くも来週17日(日)に気楽会の震災後初のイベントが決まった。アイデアが出たらすぐに動きだすのが僕らのいいところ。詳細は後程。

気仙沼を楽しむ会、気仙沼を楽しくする会で気楽会。

こういう状況だからこそ、(未来への)楽しみを作る、楽しみが希望になり、次の一歩を踏み出す力になる。

まちづくりサークルとして、これからの新しい気仙沼市の復興へ、気楽会は仲間と協力して出来ることからどんどん活動し続けます。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災31日めの気仙沼


昨日、なんとHawaiiからの救援物資が届いた!しかも千羽鶴と子供達が書いてくれた手紙も沢山入っていた。送り主は仙台出身でハワイ在住の日本人まどかさん。震災後にこのブログを読んで、ハワイの有志のみなさんで送ってくれたのだ。

まどかさん、ハワイのみなさん、心のこもった贈り物、僕は一生の宝物にします。

Hawaiiから元気頂きました(*^_^*)

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災30日めの気仙沼


マグニチュード7.1の余震で気仙沼は震度5強を観測。仙台は6強で県内ほぼ全域で地震直後から停電になった。

翌日夕方に電気が復旧すると、家の中が一気に明るくなったのはもちろん、人の表情も急に明るくなった。

それにしても、ある程度ライフラインが復旧した後に大きな地震でまた停電というのは、さすがにこたえる。

せっかく頑張ってやってるのにまた逆戻りか…と精神的ダメージを受けた人は少なくなかったはずだ。

早急に電気が復旧して良かった。

今日は11時から市民会館で『ちばきや』さんのラーメン炊き出しの手伝いをする。気楽会からも7名ボランティアスタッフで手伝ってもらうことになった。雨の中で2500食だから相当大変だ。

ちなみに明日(10日)は気楽会の定例会。10時より魚市場前コヤマ菓子店跡地。再スタートの意味を込めた気楽会Tシャツ(晃宏自主制作)をみんなで着たいと思う。

写真は救援物資でいただいた飴。“かまくらめいぶつ良縁厄除金の大仏飴”と書いてある。
『あ、これは裕隆用だねぇ(笑)』と、みんなに言われた…。

ふん、そんなの要らないよ、と言いつつ2個舐めました…。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災29日めの気仙沼


昨日の大きな余震でまさかの停電。ケータイの電池1メモリ(涙)。家族、貝塚家は無事です。いっぱいメールもらったけど、電源ないので返せない。すいません。大丈夫です。早く電気が復旧しないかな。とりあえずこんなとこです。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災28日めの気仙沼


今日はうちのコヤマママ(都さん)の近況報告。

現在は古町の貝塚さん家で家族3人元気に過ごしています。

先月11日の地震発生時にはコヤマ菓子店の1階に居た母、その後、大津波警報のサイレンがけたたましく鳴る中『近所のおばあちゃんに声かけてくる!』と僕らと別れ自宅のある幸町方面へ歩いて行ってしまった。去年の11月まで地区の民生委員をやっていたので近所のお年寄りが心配になったんだろう。そして間もなく津波がやってきた。母のことだからうまく逃げたろうと思ったけど、津波の猛威、近所の建物が次々壊され流される光景を目の当たりにし、さすがに心配になった。どうか無事でいてくれと願った。

母は近所のお年寄りに声をかけてから南が丘(市民会館)へ避難してた。津波発生後、ケータイが繋がっているときに母とはすぐに連絡がついて無事は確認出来た。11日は母は市民会館でお年寄りたちと一晩過ごした。翌日の朝、河北新報ビルに避難していた僕と父が市民会館へ行き、家族3人無事に会うことが出来た。生きてて本当によかった。

母の日常は、毎日避難所に出かけて、近所のお年寄りたちの安否確認の手伝いや話し相手をしてお世話している。どちらかというと身体が丈夫な方ではないので、家族としてはいろいろ心配だ。でも避難所の人達も喜んでいるみたいなので、それはそれで母の役目なんだと思う。

家族それぞれの役目があり、日々それぞれ歩いている。お世話になっている貝塚さん家の大きな理解もあり、心身ともとても健全に生活出来ている。とても幸せなことだ。感謝しています。

親戚の皆さん、母の友人知人の皆さん、いつもご心配ありがとうございます。おかげさまで母は元気です。僕がいるので家族は大丈夫です(^.^)b

写真は自宅付近から見つかった都さん20歳の時のもの(無許可掲載…)

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災27日めの気仙沼


写真は仲町大通りの七夕飾りの竹籠。気仙沼市最大のイベント、8月のみなとまつり。仲町大通りでは歩行者天国にして大竹に七夕を飾る。今年のみなとまつりはどうなるかわからないけど、仲町大通り区間は壊滅したので中止だろう。

被害の大きかった魚市場前、仲町、弁天町は被災市街地復興推進地域の対象になることは避けられず、最長で2年間は新築、増改築、盛り土、掘削が禁止される。つまり2年間はもとあった場所での再開は出来ないということに。正式決定はまだ先だけど、単純に残念だ。

という訳で当面の間、仲町大通りは無くなってしまう。いつかはまた同じ場所に戻りたい。そう思っている人は沢山いると思う。

気仙沼の新しい都市づくり。僕も微力ながらどんどん出ていって役に立ちたい。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災26日めの気仙沼


写真はコヤマ菓子店のばんじゅう(お菓子を入れる箱)。

先日は弟2人の他に貝塚のけんちゃん、なおこちゃん、仙台から佐藤家のあつしさん、ゆきちゃん、そして武田ひろしくんと親戚の陣中見舞いが続いた。ありがたい。

それと貴史が中古のノートPCを買って来てくれた。デスクトップにはごみ箱のアイコンのみ。ほとんど何も入ってない。ネットショップ再開に向けて、ごみ箱ひとつからスタートだ。

肝心のネット環境と配送の安定はまだ先だけど、出来ることからやって行こう。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災25日めの気仙沼


土日で我が家の弟2人(次男貴史、三男晃宏)が東京から帰ってきてた。

金曜夜11時に貴史の車で東京を出発、仙台を経由して気仙沼には朝7時に到着した。

遅くまでの仕事の後、そのまま徹夜での強行軍だ。何も土曜の朝早く出て昼過ぎくらい到着でも良かったのにって言ったら

『少しでも早く気仙沼に帰りたかった。』

だって。震災後すぐにでも駆け付けたかったろうけと、こっちから家族は無事なので今は無理して来るなと言っていた。帰りたい気持ちを抑えつつ3週間が経ち、ずっとモヤモヤしながらこの日を待ってたんだろうと思った。

弟たちと3人でコヤマのあった場所へ。あまりに変わり果てた仲町に、もとあった場所もわからずただショックを受けていた。

周辺のがれきの山からうちのものを探す。少し掘ってみて、あ、このシール!これはうちのやつだ!これミキサーじゃない?思い出のものがひとつ出てくると、これは〇〇だ!お~スゲー!と、どんどん掘ってさらに探す、そして気付いた頃には4時間以上経過。軍手や長靴は泥だらけ、服は粉塵でほこりまみれになってた。弟たちがあまりにも真剣に探してたので、僕もつられて熱中した。軍手の下にはまめがつぶれてた。

自宅付近も捜索、晃宏が高校時代に使っていたドラムセットのドラムを捜し出した。貴文は大学の卒業証書を見つけ出せた。

帰り際、疲れた割にあんまり見つからなかったろう?と聞いたら

『そんなことより無事でいてくれて本当に良かった。』

って。がれきの山を夢中になって探したけど、どんな思い出の品よりも、家族が無事でいることが一番だと改めて思ったんだろう。

大丈夫!気仙沼は任せなさい!東京でしっかり稼いで親孝行してください。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災24日めの気仙沼


コヤマ付近のがれきの山から出てきました!気仙沼ホルモンMAP!他の気楽会グッズは全て流されてしまった。5年間の活動VTRやデータも全て消失、CDやDVD、みんなで作ったのれんやのぼり、案内課の看板やKATARI BARのテーブル、表彰状、数えきれない思い出が無くなった。

でもゼロから始めた気楽会。またゼロから始めればいい。仲間との絆は流されなかった。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災23日めの気仙沼


写真は昨日の気楽会の定例会の様子。6名集まった。仕事を始めている人が多くなってきた。いい傾向だと思う。仕事をする人も先が見えない不安もあるだろう。でも今までの経験を生かして“ここが自分の魅せ場”くらいの気持ちでやるしかない。情熱エンジンアクセル全開で刺激しあって頑張っていこう!

仕事が見つからない人も今は焦る気持ちを抑えてそのときを待つほうがいい。今は自分の出来ることをして1日1日を生きる、それでいいじゃない。

店からは何も持ち出せなかったけど、親父はお菓子のレシピだけ持ってこれた。

『これさえあればいつでもやり直せる。』

今後はどこかの工場の一部を借りれれば出来ることから再出発の予定。すぐに店舗は構えられないと思うけど、ネットでは『コヤマ菓子店』は近いうちに復活すると思う。必ず復活させますよ!o(^-^)o

まだパソコンもネット回線も無い。だけど僕がその武器を手にした時、再開へのカウントダウンは始まる。大丈夫、必ずやれるさ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災22日めの気仙沼


見てください!大変です!

震災から3週間、奇跡を発見しました!

気仙沼大川には毎年多くの白鳥が冬の使者としてやってくる。一昨年の冬(2009年)に大川に飛来した1羽の白鳥、羽に怪我をしてしまい、かわいそうに1羽置いてけぼりに。“飛べない白鳥くん”と過去のブログで何度か取り上げた。驚くべきことに去年の記録的猛暑の夏を奇跡的に生き抜いた。更に2年めの冬、仲間はやってきたけど怪我は回復せず再び取り残された。暑さにも孤独にも負けずにたくましく生きていた。でも今回の津波で白鳥くんは流されたと思ってた。

そして今朝、親父が興奮気味に
『怪我した白鳥が生きてたぞ!!』と教えてくれた。朝飯も食べずに発見された場所へ!がれきの川と化した大川で元気な姿を見ることができた!

よくぞ生きてた!食べるものもないだろうに。まさに奇跡!こんなことってあるんだね。本当に良かった(T_T)

今日も1日頑張りますp(^^)
  1. 無料アクセス解析