被災627日めの気仙沼

昨日はコヤマ菓子店定休日。

リサイズDSC_0025

とある打ち合わせに参加。

リサイズDSC_0034

やまちゃん、

リサイズDSC_0029

ミヤモトさん、

リサイズDSC_0035

気仙沼を舞台に自分で撮影した写真を本にすることができるキャンペーン企画案。
「photoback(フォトバック)」
http://www.photoback.jp/

以前にぼくが作ったもの
2時間くらいで作れた。

ひととひとを繋げて、さらにその発展で動いていく。
来年になったらいろいろ動いてきそうな雰囲気。
またイイ感じのヤマダプロジェクトだね。

さーて、月曜日。
今朝も寒いぞ。
ストレッチして出かけよう。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災581日めの気仙沼

ゆるキャラグランプリ2012で、
気仙沼市観光キャラクター「ホヤぼーや」大躍進!

出遅れて登録も、エントリーキャラ699体中、現在48位。
毎日ランクアップ、すごい勢いで上昇してる。

リサイズ565_kabe_pc_1024

http://www.yurugp.jp/

昨日は1300票/日という驚異の伸び。
いいぞ、ホヤぼーや。
まだまだ上位に行きそうだ。

投票はこちらから

ぜひぜひご協力ください。

11月16日までの期間でどこまで行くか。
気仙沼観光の命運を握ってるぞ?!

さーて、今朝の気仙沼は雨、
体調管理バッチリで晴れの週末を迎えましょう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災455日めの気仙沼

おかげで毎日忙しく仕事をさせてもらってる。
感謝感謝の毎日だ。

最近は大分陽が長いのでコヤマ菓子店は19時まで開けてる。
通常18時までの営業だけど、18時過ぎも仕事帰りのお客様が多かったり。

そんなわけで20時近くに結構ヘトヘトでアパートに帰ると、ベットで少し休む。

ちなみに、ぼくの部屋はベットと机とTVがあるだけのシンプルな6畳。
晩御飯を食べて、TV見て、PC開いて、

サイズ変更IMG_0216

サイズ変更IMG_0218

コーヒーを飲んで、資料等を作って、後は軽く筋力トレーニングをば。
そうやって1日が過ぎていく。

ちなみにちなみに、晩酌は生まれてこの方一度もしたことがない。
意外と思われるかもしれないけど、家ではお酒を飲んだことがないのだ。

さーて、今週は知り合いが毎日コヤマ菓子店に来てくれる。
嬉しいことです。感謝感謝!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災441日めの気仙沼

河北新報ニュース「気仙沼、観光打撃深刻 客8割減少43万2600人」

8割減って、なかなかインパクトがある数字だね。
でも個人的な感覚だけど、それほど悲観するものではないと思う。

大きなバスで、どどどっと来て、だだだって帰っていくことで
数字が良くなる従来の観光というか。

着目するのは数字ではなくて、満足度や、
リピータになってくれるかどうか、じゃないかな。

今はどちらかというと、震災前よりアンテナを立てて気仙沼に訪れる人は多いと思う。
気仙沼という土地をしっかり見たい、深く感じたいと思っている人たち。

震災によりほとんど何もなくなって、改めて見えてくるものもある。
観光地として、いいところも、そうでないところも、ね。

だから今からがたいせつ。
だから今からがチャンス。

これからの観光戦略は本当に大切だ。
施設の復旧も重要だけど、取捨選択もありかなぁと。

そして、テーマ的なもの、
これからの気仙沼の観光のテーマも欲しいところ。

第2、第3の故郷へ、
何度でも通いたくなる港町-。

コアな気仙沼ファンになっていただくことこそ、
大切になってくるんじゃないかな。

迎える側も迎えられる側も、
どちらもより楽しくいい関係になると思う。

さーて、今日は天気がよさそうだ。
お客さんいっぱい来るといいなぁ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災430日めの気仙沼

昨日は、朝からずっとキャラクターケーキ作りで。

IMG_4284.jpg

週末になり、いろいろなご縁でたくさんのお客様に来ていただいた。
おかげさまでかなり忙しかった。

夜は、東京から来た友人たちとの懇親会。

IMG_4288_20120513094024.jpg

彼女たちは何やら面白い仕掛けをしているそうで。
昨日は車で気仙沼の観光スポットを周って、写真を撮ってと。
そのレポートを他の人も共有できる仕組みを作ろう-と。
詳しくは後程…。

IMG_4290_20120513094024.jpg

楽しい懇親会だった。

さてさて、今日は気楽会の観光案内課だ。

風は強いが、いい天気!
元気に気仙沼をご紹介しましょう。

ご協力いただく予定の気仙沼のみなさま、
どうぞよろしくおねがいします!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災302日めの気仙沼

気仙沼の岩井崎に新しい観光スポットが登場。
これは、夕暮れ時に最高のスポットだね。

サイズ変更img_30915_61057626_0

Yahoo!ニュース・読売新聞より

風雲昇り龍!辰年!縁起良し!すごいぞ。
快速スーパードラゴン!

以前にも何度か岩井崎には行ったけど、気付かなかったなぁ。

被災61日めの気仙沼より
http://subahibi.blog87.fc2.com/blog-entry-569.html

よく見るとぼくの写真にも写ってるんだよね。
まだまだあるぞ気仙沼のいいとこ。

今度誰かを気仙沼案内するときに連れて行こう。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災256日めの気仙沼

昨日は気楽会の「元気をもらう旅 気仙沼ひとめぐりツアー」だった。
晴れで比較的暖かい日曜、内湾中心に気仙沼を歩いて回った。

サイズ変更IMG_2040

香川、静岡、東京など、東北以外から10名来ていただいた。
雑誌「旅」を読んで申し込んでいただいたみなさんだ。
遠くからのご参加本当にありがとうございます!

サイズ変更IMG_2041

市役所を出発し、南町、魚市場前、魚市場、内湾、復興屋台村気仙沼横丁、エースポート唐桑鹿折駅と。
11時から4時までゆっくり気仙沼散策。

サイズ変更IMG_2043

今回も磯屋水産の安藤社長やすがとよ酒店のみなさんのお話を聞かせてもらった。
参加者の方から、本当に心打たれた、感動したと、とても嬉しい感想をいただいた。
(ご協力いただきありがとうございます!!!)

サイズ変更IMG_2046

見て、感じて、考えて、繋がって、現地の人との交流。

サイズ変更IMG_2049

そこには元気で笑顔の気仙沼のひとたち。
そしてまだまだ復旧段階で何から手を付けていいのかわからない現状。

気仙沼の魅力は、今を生きる人の魅力だと思う。
みんな気仙沼のファンになってくれるといいな。

次回は来年春、暖かくなってきたら再会しまーす。
気仙沼はどれくらい復旧が進んでいるのか。

きっとまだまだだろうけど、もっと人は笑顔になれるはずだ。

元気をもらうのはぼくら気仙沼の人、気仙沼に来てくれる人、
お互い元気になる旅だ。

ぼくたちも何回も来てくれるようにとにかく成長しよう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 気楽会 ひとめぐりツアー

被災219日めの気仙沼

新潮社「旅」1000号に特集されているわたしを元気にする63の旅。

サイズ変換_IMG_1654

気楽会の観光案内課を取り上げていただいている。

気楽会の案内課は10月16日(日)に第1回、11月20日(日)に第2回が開催予定。
「旅」上で募集をかけたところ、どちらもおかげさまで定員になった。

明日いよいよ第1回。

気楽会は3年前からJR南気仙沼駅構内でボランティアの観光案内所「こちら!気楽会 観光案内課」をやってきた。
それは、気仙沼に来てくれた方、ひとりひとりに気仙沼の魅力を伝えられたら
もっと気仙沼を好きになって楽しんでもらえると思っていたから。

大々的に、全国のみなさ~ん!気仙沼にきてくださ~い!というスタイルではなく、
あくまでもひとりひとりの観光客にどう気仙沼を良さ伝えられるかを重視してきた。
参加したメンバーそれぞれが地元に対する想いをこめて、
駅から降りるお客さんに「こんにちは!ようこそ気仙沼へ!」と元気に声をかけた。

気仙沼は、美味しい海の幸や、三陸の景勝地を目当てに多くの観光客が来る。
ぼくらは、観光の玄関口の南駅でルートやおすすめスポットを紹介してきた。
旅の魅力ってやっぱり、その土地の人との出会いやが発見が一番印象に残るよね。
だから、ぼくらが少しでもそういう部分を少しでも補えればと思ってやってきた。

乗降客自体は少ない小さな駅だから、実際に案内できるのはほんの数名のときもあった。
やっていることはとても小さいことかもしれないけど、
続けていうことでいつかいい流れのストーリーになるとみんな信じてたんだ。

外ではテントをお茶飲みスペース設置、季節に応じてお茶を出して、
一息ついてもらってから旅のスタートを演出。そこでの会話が貴重だった。

雑記帳をつくり、観光客の方の感想を集めて、汚いと指摘のあった南駅のトイレを改修してもらった。
3か月間の報告書を片手に市長と一緒に盛岡支社長にお願いしたんだよね。

地元の女子高生と一緒に毎週観光案内をしたこともあった。
毎週ワークショップをして最後には女子高生目線の観光マップも完成したんだ。
ぼくらが知らないお得な情報満載だったなぁ。

利用客は少なかったけど、レンタサイクルを使った内湾観光マップを作った。
商港で無料レンタル釣り具セットで釣りが出来る仕組みもあったね。
釣った魚を無料で調理してしてもらえるお店も確保してたのだ。

節目では気仙沼ホルモンを振る舞い、雪の降る中であったかい汁物振る舞いは好評だった。
カツオの中華まんや、いれたてのコーヒー。そういえばサンマも炭火で焼いたっけ。

地元商店のクーポン券も設置して、地域全体で観光地として何かできないか模索もした。
地域全体が観光案内所になったら最高だよなぁと考えた。

ちょっと振り返っただけでも、いろいろやってきたなぁって。
毎週日曜がつぶれるのは、さすがに大変だったけど、心を込めてやっていた分、
反響も大きかったし、いい経験をさせてもらったと感謝してる。

今回も震災はあったにしろ、気仙沼の良さを伝える、現状を伝えるということでは、
観光案内課のスタイルはまったく変わっていない。

まだまだ復旧段階で大変な状況の気仙沼だけど、
現状を知ってもらうのはもちろん、そこで頑張っている人、頑張っている商店にスポットを当てて
それを外から来た人に感じてもらう。
現状でも気仙沼のいいところっていっぱいあるんだよって。

知って、感じて、考えて、繋がって、いい流れになって欲しい。
気仙沼での知り合いやなじみの店を作ってほしい。
今回の後も、復興の段階で何度も通ってもらえるように、
一緒に復興を見守ってもらえるファンになってもらえるように一生懸命お話ししたいと思う。

復興は行政の復興計画だけで完成するものではない。
その土地に住む人個人個人が、出来ることを協力して積み重ねていくことが大切になってくると思う。
商売もまちづくりも出来ることから行動に起こしていく、
続けていくことで、大きな可能性になると信じてる。

気仙沼の基幹産業の水産業と、そして観光業。
観光業の面で、今の段階から変化に合わせて試行錯誤し続けることが、
きっと5年後10年後に活きてくるはず。

さて、明日はどんな旅になるんだろう。
雨は心配だけど、ぼくは晴れ男なんで大丈夫!

今日も1日頑張りますp(^^)q

==========


詳しくは…

サイズ変換_IMG_1574

新潮社『旅』創刊1000号 1300円(特別価格)全国書店で絶賛発売中。
http://www.shinchosha.co.jp/tabi/index.html

タグ : 気楽会の観光案内課 新潮社

被災136日めの気仙沼

昨日、気仙沼では震度4の地震があった。
感覚的には震度4.5かな、若干大きかった。

ケータイも緊急地震速報を受信、一応、津波を意識して身支度をした。

というのも、一昨日の晩、
とある養殖漁業の関係者で自然を研究している人から、

「8月~9月に大きな地震がもう一発来る」と、
「うまく説明できないんだけど、毎日海を見ていて、
最近になって海が3.11の前と同じ嫌~なの感じになってきた、
きっと地震は来るだろう」

と言われた。

いや~、ねぇ、そんな話を聞いた翌日ですよ、ええ、
で、あの地震だもの、

え~?!ほんとに来たの!?

って思うでしょ。

すぐにリュックにPCと現金と入れて、あと、マザーTシャツね。
このTシャツだけはもう流さないぞって。
すぐに津波の心配はないってなったので安心したけど。

ま、世界のどこにいても、災害の可能性はある。
そこで大切なのは、ある程度の準備と、状況判断だね。

和歌山だっけかな、今朝のNHKニュースでエリアメールを使った防災避難の特集をやっていた。
会社での避難訓練の様子が流れていて、社員の中には面倒くさそうにちんたらやってた人もいた。
それを見て、思わず「おめ、おだづなよっ!」ってテレビに言っちゃった。

ま、我々も震災前ならば、同じようにちんたらやってただろう。
でも、実際は、こんなんじゃダメ!もっと真剣にやらなければいけないよって。
これはね、伝えるのは被災した我々の義務かもしれない。

伝えるに関連してだけど、とある雑誌の企画の下調べ。

サイズ変換_IMG_0910

美術家斉藤道有氏と。

サイズ変換_IMG_0912

被災地だけど、出来ることがある、というもの。

サイズ変換_IMG_0915

サイズ変換_IMG_0913

サイズ変換_IMG_0916

この取り組みについては、詳細は後ほど。

さ~今日もじゃんじゃんやっていきましょう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災61日めの気仙沼

気仙沼が誇る景勝地岩井崎に行ってきた。
どういう状況なのか、観光地としての再建は出来るのか。
そして、あの方に会ってきた。

サイズ変換_IMG_0377

入り口にある避難場所の看板は倒れていた。

サイズ変換_IMG_0376

松林は所々折れながらもほとんど無事に残ってた。

サイズ変換_IMG_0373

あの方の手形、さすが大きい!

サイズ変換_IMG_0370

所々アスファルトは剥げている。

サイズ変換_IMG_0369

左を見ると被害の大きさが分かる。

サイズ変換_IMG_0366

石碑も倒れるほど。

サイズ変換_IMG_0365

海面からは相当高いところにある岩井崎観光ホテルさんも1階は抜けていた。

サイズ変換_IMG_0364

あ、

居た!

すごい!!!

すご過ぎる!!!

サイズ変換_IMG_0363

周りに何も無い中、独り海へ向いてしっかりと立っている。

サイズ変換_IMG_0348

江戸時代に活躍した気仙沼出身、第九代横綱秀の山雷五郎!

サイズ変換_IMG_0350

サイズ変換_IMG_0338

サイズ変換_IMG_0351

津波に負けずに立っていた。
僕の中では気仙沼の復興のシンボル。
見てたら勇気が涌いてきた。

サイズ変換_IMG_0346

潮吹き岩も大丈夫だ!

まだまだがれきの景勝地だけど、ここはきっと再生する。
少しほっとした。

よ~し、おだづなよ!負けてたまるか気仙沼
今日も1日頑張りますp(^^)q

タグ : 岩井崎 気仙沼 秀の山雷五郎 潮吹き岩

  1. 無料アクセス解析