被災639日めの気仙沼

配達の途中で大きな地震。
すぐにコヤマに帰って、津波警報が出たことを知る。

津波到達時間までおよそ15分。
お店を閉めて、高台のケーウエーブへ。
多くの人が避難していた。

とにかく寒かった。
悲惨な寒さ、あの時凍えるの寒さ、やるせない寒さ。
恐怖を感じて震えている人もいた。

そんな中、多くの人が避難所のケーウエーブに避難してきた。
みんな油断はなく真剣に避難していた。それを見て逆にほっとした。

10年後も20年後も100年後も、警報が出たらこの恐怖を感じて避難してほしいと心から願う。

今は地盤沈下や建物もない状況、予想波高1メートルでも2メートルでも、
実際のところどうなるかわからないという心理だろう。
だから、とにかく高台へ避難する。

こういう言い方は乱暴すぎるけど、この危機感は、ある意味防災なのかも知れないね。


さーて、今日はスケジュールびっしり。
全力で取り組もう。
こんな時こそ情熱エンジン始動で乗り切るぞ!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災632日めの気仙沼

とあるサイトを教えてもらった。
震災前の気仙沼の写真が掲載されている。

リサイズkesennuma91

http://tamagazou.machinami.net/kesennumashigaichi.htm

こんなに建物があったよ。

懐かしい建物、商店街、ああ、これが気仙沼だ。

何とも言えないこの気持ち。

なんというか、

ぼくは震災病なのか。
まちづくり病なのか。

前の気仙沼に戻すだけじゃダメ、今が新しいまちづくりのチャンス、
前のままではダメだ、前に戻すだけじゃダメなんだ!と思い込んでいた。

でもここにきて昔の写真を見るうちに、
震災前は幸せだったなぁ、と見入ってしまった。

新しいものすべてがいいわけじゃない。
この気持ちを大切に、新しいことにチャレンジして行こう。

いろいろな視点から見ないとね。
遠くで見て、近くで見て、時間経ってまた見てみて。

さーて、今日から12月。
ケーキ屋も走ると書いて師走だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災617日めの気仙沼

気仙沼の今朝の最低気温は3度、冬です、冬。

昨晩ようやく冬用のコートを押し入れから出した。
実は震災当時に着ていたものだ。

↓2011年3月11日午後3時10分、コヤマパパが撮影がコヤマ屋上でしたもの

リサイズDSCN7101

このコートを着て今日は出かける。

ちなみに今日履いているのは、↑の写真のジーンズ。
あ、そういえば今着ている白衣も当時のものだ。

なんか、すごいね、311を無事生き延びたぼくのタフギアだ。

地震直後中学校に車を避難させて、そのまま走ってコヤマに戻ってきた直後の写真。
右手にはデジカメ、左手にはケータイ。

ちなみに、

ちょっとさかのぼって、2時52分、地震発生から約5分。

リサイズDSCN7091

余震が続く中、すでに車を避難させる行動に出てた。
地震=津波、これさえいつも頭に入っていれば、すぐに高台へ避難できる。

話が大分それちゃった。
やっぱり当時の写真を見ると、いろいろ思うんだよね。

さーて、311タフギアとスパイク号で元気に出かけよう!
今日で震災後617日めだ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災600日めの気仙沼

今日で震災後600日。

リサイズIMG_1918

自宅再建の予定はなし。

リサイズIMG_1916

魚市場前も戻りたいけど、いまだに何の変化もなし。

リサイズIMG_1665

両親は元気でやっとります。

リサイズIMG_1573

まだまだここから、まだまだこれから。

毎日少しずつ進めばいい。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災591日めの気仙沼

今日はコヤマ菓子店定休日。
ひさびさにのんびりした朝だ。

今朝の三陸新報を見てびっくり。

ぼくが載ってる!

これは、たぶん家族しか気付かないと思うけど。

リサイズIMG_2096

気仙沼復興協会さんが流された写真を綺麗に洗浄して保管している。

リサイズIMG_2095

東京のおじいちゃんとおでぶ。
きっとまだまだあるんだろうね。

さーて、今日は全力で休むぞ。
一生懸命体を休める!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災546日めの気仙沼

リサイズIMG_0740

仙台放送制作の「The Great East Japan Earthquake Recorded on Camera」。
「テレビカメラが見た東日本大震災」というDVDの英語版。
すべて英訳された字幕と英語のナレーション付き。

海外向けにいいDVDに仕上がってる。

さーて、今日も残暑が厳しそうだ。
栄養ドリンク飲んでしっかり乗り切ろう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災539日めの気仙沼

今朝の地震は大きかった。
仙台市と南三陸町で震度5強。

気仙沼は震度4。
大震災の2日前もこれくらいの地震があったね。
縁起でもないけど、何が起きても不思議じゃない。

思い出したのが、去年の3月11日の午前中のこと。
地震が来る3時間前くらいだ。

コヤマママが「なにあれ?なんだか気持ち悪い」と空を指差した。
見上げるとトンビが低空をくるくる回ってる。

パッと見カラスの大群かなと思うくらい見たこともない数のトンビが、
いつもは飛ばない低空を旋回してた。

今思い返せば、地震が来ることを感じていたんだね。
動物に変化があるとはよく言うけど、これもまさにそれだ。

さて、いつ何が起きるかわからない。
日々を大切に積み重ねることが大切だ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災500日めの気仙沼

今日で東日本大震災から500日。

震災復興に10年かかると言われている。
1年を365日として3650日。

500日を引くと復興まであと3150日。
ちょっとは数字が減ったかな、と思うでしょう。

気仙沼の復興状況どうですか?の問いの答えは、
ちょっとは進んだけど、まだまだここからです、と。
数字通りの印象だ。

10年かかるというのは本当だと思う。

コヤマ菓子店と気仙沼を必ず絶対復興させると誓った。
今でもその思いは色あせない。

今から復興を語るフォーラムへ。
久々におだT着て行くぞ。

まだまだここから、まだまだこれから。

右を見て左を見て前を見て、
コツコツコツコツ大胆に!

感謝行動継続で情熱エンジン絶好調!
おだづなよ!負けてたまるか 気仙沼

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災422日めの気仙沼

朝から栄養剤グイッと飲んで気合を入れた。
こどもの日のケーキでなかなかに忙しいGWでございます。

はまぐりもなかくっきーの箱リニューアル作戦。
まだまだ始まったばかり。

IMG_4162.jpg

IMG_4160.jpg

まだまだこれをブラッシュアップしていく。
見た目ももっと喜んで頂ける商品に-。

さー今日1日乗り切れば、明日は休日。
ひとつひとつ丁寧にケーキ作るぞ~!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災394日めの気仙沼

友人のプロカメラマン初沢亜利さんの写真集が4月6日に発売した。
20回近く気仙沼には足を運んだと記憶してる。
ぼくの知ってるカメラマンの中でも本当に素晴らしい方だ。

ari.jpg

True Feelings―爪痕の真情。2011.3.12~2012.3.11

亜利さんとは気仙沼に来るたびにいつも語り明かしてる。
今月写真展やイベントも企画しているので、詳しく決まったらご報告します。
現在は市内ではなかなか手に入らないみたい。

さーて、明日は気楽会の観光案内課。
初となる海外からの参加者2名。

はるばるポーランドから映画会社の社長さん。
なかなかに名のある方らしい。

で、さっき、英語で電話が着たよ。
“明日はよろしく”って言ってた、“わがったOKOKー”って言っといた。
がんばれば英語くらいしゃべれます、たぶん。

さーPassion engine全開で行きますよー。
国籍性別職業関係ないっす。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災393日めの気仙沼

昨日、仙台放送さんに頂いたDVD。

サイズ変更IMG_3662

仙台放送さん制作の震災の記録。
震災当日のぼくの撮った映像もかなり使われてる。

「地震が来たら高台へ逃げてください。」

ぼくは自分の経験を踏まえてDVDの中でそう言った。
高いビルの場合、火災の危険性もある。なるべく高台へ。

誰かさんは河北新報ビルに逃げたじゃないかしら?って言われそうだけど、
もしいつか、また大きな地震が来たら間違いなく高台へ避難するね。
なるべく丘へ!


さて、こちらは購入したんだけど、
三陸新報さんが出版した「故郷永久」は地元新聞社ならではの写真集だ。

サイズ変更IMG_3663

震災前と比べた写真もある。
各商店街ごとにあっていろいろ思い出してしまう。

サイズ変更IMG_3666

仲町大通りには、コヤマ菓子店が。
10年前くらいのものかな。

サイズ変更IMG_3668

両親に見せたら随分と見入ってた。
コヤマママはちょっと涙ぐんでいた。
心に負った爪痕ってそう簡単に消えない。

まだまだ、ここから。
家と店を建てなくちゃね。
毎日がスクランブルで背水の陣だ。

やるしかない!
とにかく、コツコツ大胆に行動していこう!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災369日めの気仙沼

3月12日。

ヒカリの消灯から数時間後、
朝から市役所にて市民委員会からの提案書を市長に提出。

サイズ変更IMG_3472

サイズ変更IMG_3473

今回は市民委員会で作成した10年後の気仙沼のパンフレットも同時に提出。

サイズ変更IMG_3474

制作者のけんじさんとしんこさん。

サイズ変更IMG_3479

15日の気仙沼市広報と一緒に、気仙沼の全戸に配布される。
すごくいい仕上がりになっているので、ぜひぜひ手に取って見てください。
気仙沼市の復興計画をわかりやすく書いてある。

それと、市民委員会では2つのシンボルイベントを提案してきた。
5、6年を目途にひとつと、10年後は感謝祭としてひとつ。
これは新聞の発表を待ちましょう。

実は今回のパンフレットには、10年後のシンボルイベントへの招待券がついているのだ。
具体的な内容も決まってないのに、招待券があるのっていいでしょう。
この招待券、絶対に“取ってて良かった!!”と思わせるものになるよー。

なお、気仙沼志民の方々にもどうにかすれば(?)貰えるそうで。
詳しい情報が入り次第、お伝えします。


そうそう、昨日はたまたま配達があってね、
それが河北新報ビル内だっていうから、これって導かれたものだったのかな。

そうだ、ちょうど1年前だもの。
ここであの夜を過ごしたのさ。

サイズ変更IMG_3486

玄関はまだまだ津波の痕跡がある。

サイズ変更IMG_3487

サイズ変更IMG_3488

水が来たラインもまだくっきり確認できた。

サイズ変更IMG_3489

あのドライバーが…。

サイズ変更IMG_3491

この3階にずっといた。

サイズ変更IMG_3492

3階から見る眺めはこのような感じに。

サイズ変更IMG_3496

コヤマ付近はだいぶ片付いた。

サイズ変更IMG_3497

サイズ変更IMG_3499

サイズ変更IMG_3501

サイズ変更IMG_3502

サイズ変更IMG_3505

ここに来ると、思うね。

まさに生き死にの境目だったあの日、
運よく生き残った。それだけで本当にしわせなことだ。

普段の生活に戻りつつあるけど、ときに辛かったり、
落ち込んだり、うまくいかないこともあるけど、
前向きに受け入れて、進むしかない。

身の回りの大抵のことは、ほんのささいなことで、
気持ちの持ちようで、すべて解決できるから。


ついでに自宅のあった幸町へ。

サイズ変更IMG_3512

ここ、自宅跡。

サイズ変更IMG_3513

まだ瓦礫が残ってる。ここにはどうだろう。
もう戻ってこれないかもね。

さーて、1年後はどのようになっているのか。
少しずつ港町に戻していこう!

とりあえず、自分の家、建てないとね。
コヤマも建てるし、珈琲山荘も復活させる。

やることいっぱい夢いっぱいだ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災300日めの気仙沼

今日で3.11から300日。
年越しで何かが変わったか。

何も変わらない?

いや、ぼくは変わったと思う。

それは人の震災に対する意識。

徐々に薄れていくもの、震災直後のさまざまな気持ち、
それが年を越すことによって、加速度を増したって感じ。

それとはごく当然なことで、逆らったりはしない。
時代の流れに乗って、それぞれで今できることをやればいい。

奥底にある心は変わらないさ。

答えは自分で出すものだ。



youtube「ウルフルズ-それが答えだ-」

飛ばしていくぞ!!!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災279日めの気仙沼

グーグルのストリートビュー「未来へのキオク」が公開された。
気仙沼市は7月の街中が見られる。
これがホントいろんなとこ見られるんだよ。

「未来へのキオク-ストリートビュー-」

サイズ変更IMG_2216

コヤマ跡地はこんな感じ。

サイズ変更IMG_2215

コヤマバンもずっと記録に残るね。

サイズ変更IMG_2217

なかなかレアなところだと、幸町の流された自宅付近にうちの車もあった。

アップして細部まで見られるのが便利。
思わずいろいろなところに行きたくなる。

ぼくの今住んでるアパートも発見。撮影時はもう住んでいてた。
どうやら撮影した時はどこか外出していたみたい。

クリスマスまであと10日。
今年もあと半月だ。

グッと冷え込んできたので栄養いっぱいとって
体調整えながら乗り切るぞ!

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災273日めの気仙沼

昨日は気仙沼で活動するボランティアの方々と新春座談会。

気仙沼市が企画したもので、副市長とボランティア5団体の代表、
そして気楽会の代表としてぼくが出席した。

短い時間だったけど、ボランティアのみなさんからたくさんいいことを聴けたなぁ。
気仙沼での今までの活動内容や、気仙沼の印象等、これからの活動、
自分自身も振り返ることを含めて内容のある座談会になった。

ボランティアのみなさんの何気ない一言すべてが、気仙沼に対してのエールに聞こえてならない。
感謝感謝です。今後ともよろしくお願いします。

ここでいっぱい書きたいけど、詳しくは気仙沼市広報元旦号で。

来年の3月いっぱいで気仙沼を離れるボランティア団体も多いという。
その前に市民&ボランティア&行政(←あえて書く)で交流フォーラムをしたいと思ってる。

毎週金曜日の復興を語る会で出た企画なんだけど、
もうちょっと揉んで2月か3月の頭かにやれれば。

主催は気楽会でなくてもうちょっと大きな枠組みで、やるのが理想だ。
ちょっと背伸びすれば、市民同士が、市民団体同士が繋がれるきっかけに-と。

どういう形になるのか楽しみだ。
いずれにせよ、プレイヤーは気仙沼市民と気仙沼志民。
一体感を作るきっかけを模索しよう。

今日も1日頑張りますp(^^)q

被災271日めの気仙沼

今朝のNHK「おはよう日本」でマンホールの話題が出てた。
ぼくもちらっと出た。

NHK「津波がマンホールから噴出」(映像あり)

自分で撮影してて言うのもなんだけど、VTR自体はかなり貴重なものなんだね。

ただマンホールに着目した記者さんには、はっきり言って“たかがマンホール”ですよって言っちゃった。
実際はあの状況下でマンホールのことは、我々にとってとても小さいことだった。
それ以上の惨劇が目の前で次から次へと起きていたから。
だからもっともっと取り上げてほしい事柄はたくさんあるよって。

そしたら、マンホールのふたが開いていて落ちた人もいるよって、さっき聞いた。
気付かないところで、掘り下げることも大切なのかな。

ついでに「NHK WORLD」でも出てるー。
ヒロタカオヤマーってちょっとウケた。
Video shows tsunami gushing from manhole

読売新聞の夕刊・社会面で5日連続(11月28日~12月2日)
「しあわせ小箱」のコーナーで取り上げていただいた。
菓子店主の奮闘記だって。ま、ぼくは店主じゃないけど。

サイズ変更IMG_2197

サイズ変更IMG_2198

サイズ変更IMG_2199

サイズ変更IMG_2200

サイズ変更IMG_2201

小島さんありがとうございます!

よーし!今日も忙しくなりそうだ。

今日も1日頑張りますp(^^)q

★メルアド作りました★

本日連絡用にメールアドレスを作りました。

>koyamacake@gmail.com

こちらにお問い合わせください。
ケータイでも確認してます。



  1. 無料アクセス解析